CLOSE

転職お役立ち情報

LINEでお問い合わせ
ドライバー

タクシードライバーを辞めたくなる理由と対処法

タクシー運転手 すぐ辞めた

「タクシードライバーへの転職を考えているけど、続けていけるのか不安。」

「転職したばかりだけどタクシー運転手に向いてないかも」

未経験でも初めやすく、稼げる仕事として人気のタクシー運転手。しかし実際に働いてみると思っていた以上に大変な仕事だったと、退職を考える人も多いようです。

ここでは、タクシードライバーを辞めたいと思う理由と、その対処法について解説したいと思います。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!
タクシー運転手ハイヤー運転手役員専属運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

タクシードライバーを辞めたくなる理由とは?

タクシー運転手として働き始めてすぐに辞めてしまう人の退職理由はさまざまですが、主な理由は下記です。

・収入が不安定だから
・お客様への対応がストレスだから
・長時間労働がきついから
・事故や違反を起こさないか不安だから
・生活リズムが乱れがちだから

退職理由ごとに、どのようなことで不安や不満を感じたのか仕事内容を踏まえながら解説していきます。

収入が不安定だから

就職してすぐに辞めてしまった理由の1つ目が「収入の不安定さ」です。

タクシー運転手の給与形態は、多くの会社で歩合制が採用されています。

具体的な給与形態は「基本給+歩合制+賞与」と「完全歩合制」の2種類があります。

歩合制とは売上に応じて給与が支給される給与形態のことであり、売り上げが高いほど収入も上がる仕組みです。

経験年数などに関係なく、結果次第で稼げる魅力がある一方で、売り上げが上がらなかった月は当然収入も下がります。

入社年数などは一切関係なく、ベテラン社員であったとしても売り上げが少ないと収入は低いままです。

ある程度営業スキルを身に付けられれば、一定額以上の売り上げを達成できるようにはなりますが、景気などの影響を受ける可能性もゼロではありません。

最近では、コロナウイルスの流行によりタクシーの利用者が激減し、営業スキルに関係なくほとんどの運転手が収入減となりました。

また、世界情勢によりガソリン価格高騰の影響を受けることもあります。

このような収入の不安定さを理由に、タクシー運転手を辞める人も少なくありません。

お客様への対応がストレスだから

タクシー運転手は1人で仕事をするイメージがありますが、ドライバー職の中でも特にお客様との距離が近い仕事と言えます。

毎日20組前後の乗客を目的地へ送り届ける中で、さまざまな出来事があります。

感謝の言葉をかけてくれるような人もいる一方で、「急いでいるから」と無理な指示を出してくるような乗客も中にはいるでしょう。

また、夜間に利用する乗客は酔っ払っている人が多いため、普通の接客では経験しないような酷い扱いを受けることもあります。

1人で黙々と仕事ができると思っていた人にとっては大きな苦痛となるため、長続きしないのも当然でしょう。

長時間労働がきついから

タクシー運転手の勤務形態は主に3種類あります。

・昼日勤:7:00~16:00など
・夜日勤:17:00~翌2:00など
・隔日勤務:7:00~翌2:00など

昼日勤や夜日勤は他の職種と同じように休憩を含めて9時間労働ですが、タクシー業界で主流の働き方である隔日勤務は1回の勤務で16〜20時間働きます。

途中3時間の休憩を入れながらではありますが、過去に長時間勤務の経験がない人からすると体力的にかなり辛いと言えるでしょう。

タクシー運転手はちょっとした油断が大事故に繋がるため、常に集中して業務をこなす必要があり余計に大変です。

隔日勤務の場合、仕事が終わってから次の勤務までは20時間以上の休息が取れるのですが、そのリズムに慣れる前に辞めてしまう人も少なくありません。

事故や違反を起こさないか不安だから

タクシー運転手として働く上で、最も気を付けなければならないのが「交通違反」です。

ちょっとした交通違反であったとしても免許の点数が引かれてしまい、累計点数によって30〜90日間の免許停止となります。

これは仕事以外で交通違反した場合も同様で、違反内容によっては免許取り消しの可能性もあるため注意が必要です。

運転免許がなくなれば、当然タクシー運転手として働き続けられないため、職を失うことになります。

最近では自動車の事故防止機能が向上し、ドライブレコーダーである程度自分の身は守れますが、リスクがなくなったわけではありません。

実際に勤務をした結果、長時間労働ということもあり、「事故のリスクが高いから」と転職する人もいます。

生活リズムが乱れがちだから

タクシー運転手は隔日勤務が主流であり、20時間近く働くのが普通です。

出勤時間も複数の時間帯があるため、生活リズムを一定に保つのが難しいと言えます。

疲れてお昼に帰ってきても明るくて眠れないこともあります。

また、生活リズム以外でも長時間座り続けるため、腰痛などの持病にも注意が必要です。

中には視力が急に低下したり、意識障害に関する病気が発覚したりして辞めざるを得ない状態になる人もいます。

若いうちは大丈夫でも、年を取ったら働けなくなる」と不安になり、別の業界へ転職する人も珍しくありません。

精神的・身体的なストレス

一日中座ったままの姿勢による疲労や、運転に集中するための精神的ストレスが原因で辞めたくなる人もいます。運転が好きな人でも、腰痛や肩こりで体に負担がかかると、勤務の継続が難しくなってしまいます。

このような心身的な負担は、適度な運動やリフレッシュが効果的です。シャワーだけで済まさずにお湯を張ってゆったり入浴する、休日は車を使わず歩いて買い物に行くなど、ちょっとした工夫で解消することができます。

一人の時間が多いため孤独

勤務中は基本的にひとり行動になるため、通常の職場のように人に囲まれた環境ではありません。「大勢でいるよりも一人が好き!」という人もいますが、多くの人は「話し相手が欲しい」「寂しい」と感じることが多いでしょう。乗車を待っている時間は、ほかのタクシードライバーと交流を図ったり、おしゃべり好きな乗客と会話を楽しんだりしながら働いてみるといいですね。

夜勤がきつい

タクシー運転手は拘束時間が長く、年齢が上がるごとに夜勤がキツくなってしまいます。日勤のみを選択することも可能ですが、稼ぎたい人は夜勤も働く「隔日勤務」が一般的です。例えば朝7時に勤務をスタートさせた場合、翌日の朝4時頃まで連続して働きます。そして丸1日休んで、翌日また朝方まで働くのが隔日勤務という働き方です。乗客を乗せていない時間や休憩時間もありますが、生活のリズムが崩れやすくなり身体的に負担になりがちなのは否めません。「稼ぎたいけど夜勤を避けたい」という場合も、日勤で稼ぐのが王道でしょう。日勤は朝から夕方までの勤務になるので、体の負担も少なく続けやすい働き方です。収入が高い夜勤を選ぶか、体調に気遣い日勤を選ぶか、両方試してから選択するのをおすすめします。

酔っ払いや理不尽な乗客

乗客は選べませんので、理不尽な扱いや経験をするドライバーも少なくありません。とくに女性ドライバーは、深夜に乗せる酔っ払った乗客に不安を思える人も多いでしょう。忘年会シーズンや繁華街などは、パワハラやセクハラが起こる可能性も高くなります。無線連絡を受信しながら運転し、常に外部と連絡を取れる状態であることをアピールしながら勤務するのも手です。

これまで暴言を浴びせられたタクシー運転手もいると思いますが、そんな乗客は酔っ払いの戯言と思って相手にしないのが一番です。無視すると腹を立てる乗客もいると思うので、適当にあいずちを打ちながら到着までの時間を乗り越えましょう。

また犯罪に合った場合はそのまま警察署や最寄りの交番によって、乗客を降ろして警察に相談して下さい。泣き寝入りは禁物です。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!
タクシー運転手ハイヤー運転手役員専属運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

続けていくことで生まれるタクシー運転手のやりがいや評価

タクシー運転手に限らず、どんな職業でも「辞めたい」と悩んだ経験は誰にでもあるでしょう。しかし嫌なことがある度に辞めていては、どんな仕事も続きません。大切なのは、経験を積みながら学んでいくことです。最低でも3年は続ける覚悟を持ちましょう。

タクシー運転手になっても「すぐ辞めた」とならずに長く続けるコツ

タクシー運転手をすぐに辞めてしまう人の退職理由を紹介してきましたが、決してやめておいた方が良い仕事というわけではありません。

働き始めた頃は慣れない業務が多く、大変かもしれませんがいくつかのコツを意識することで、辞めずにタクシー運転手を続けられます。

タクシー運転手を続けるための具体的なコツは主に5つあります。

・効率的に稼ぐノウハウを構築する
・接客スキルを磨く
・安全運転を心がける
・ワークライフバランスを取る
・条件に合うタクシー会社を見つける

この5つのコツについて、どのようなことを意識すればいいのか詳しく解説していきます。

効率的に稼ぐノウハウを構築する

タクシー運転手は歩合制であり収入が不安定と解説しましたが、効率良く稼ぐノウハウを身に付ければ、一定額は安定して稼げます。

効率良く稼ぐためには、3つのポイントを意識すると良いでしょう。

・乗客を見つけやすいエリアや時間帯を研究する
・新しいエリアの研究も常に行う
・乗客を目的地まで送り届けた後の効率を良くする

タクシーの利用客は時間帯によって見つけやすいエリアが異なります。

例を挙げるならば、夜遅くの繁華街は終電に間に合いそうにない乗客が多くいます。

人気の飲食店が多くあるエリアなど、さまざまな地域の研究を行うようにしましょう。

乗客を見つけて送り届けた後は、ただ元の場所に戻るのではなく、近くで乗客が見つけられそうなエリアに移動することで稼働率を上げられます。

最初から結果を出すのは難しいと思うかもしれませんが、入社して1年以内に高収入を達成した運転手も少なくありません。

接客スキルを磨く

接客スキルを磨けば乗客とトラブルになりにくく、接客によるストレスを抑えられます。

タクシーを利用する人の中には気難しい人もいるため、以下のポイントを意識しましょう。

・適切な距離感を保つ
・感情をなくし冷静さを保つ
・いつまでも負の感情を引きずらない

乗客を楽しませようと積極的に話しかける人がいますが、全ての人が車内で話したいとは限らず、話の内容の好みも異なります。

無口すぎるのもよくありませんが、適切な距離感を保って乗客を怒らせないようにしましょう。

酔っ払った乗客の場合、丁寧な接客をしていても怒られることがあります。

この際に「自分は間違っていないから」と正論してしまっては、余計に揉めてしまうだけです。

相手の言うことは気にせず、ひたすら適切な接客を提供するようにしましょう。

接客態度に落ち度がないのであれば、どれだけ酷いことを言われても気にする必要はありません。

安全運転を心がける

タクシー運転手が最も気を付けるべき交通違反の多くは、無理をしようとしたタイミングで起きています。

例えば、売り上げを意識しすぎてしまって黄色信号で止まらなかったり、スピードを上げすぎたりするケースです。

特に勤務に慣れてき始めた頃には注意が必要となります。

高度な運転技術を身に付けることも大切ですが、常に安全意識を持てるようになるだけで交通違反のリスクを大きく減らせます。

仮に乗客に「急いでほしい」と言われたとしても、無理な指示は受けないようにしましょう。

ワークライフバランスを取る

タクシー運転手に限ったことではありませんが、一度に全てを覚えようと頑張りすぎるのもよくありません。

仕事が終わったら自分なりの楽しみを見つけ、プライベートもしっかり楽しむようにしましょう。

前述した通り、隔日勤務は1回の勤務で20時間ほど働く一方で、仕事が終わった日は休みのような感覚でゆっくりできます。

次の日が休みであれば2連休のような時間の使い方も可能です。

タクシー運転手の仕事は毎日完結するため、仕事を持ち帰るようなこともありません。

新しい楽しみを見つけられれば、それをやりがいに仕事も頑張りやすくなります。

条件に合うタクシー会社を見つける

タクシー運転手の求人は数多くあり、会社ごとに勤務時間や給与形態が異なります。

また、働きやすさに力を入れている会社もあるため、自分の求める条件に合った会社を探すようにしましょう。

業界未経験で何を基準に会社を比較すればいいのか分からない方は、以下のポイントをチェックするのがおすすめです。

・研修制度の充実
・給与形態の種類
・勤務時間

研修制度が充実しているかによって、就職直後の働きやすさが全く異なります。

資格取得支援制度や接客マナーの研修に関しては、タクシー会社のホームページに記載されているため、事前にチェックするようにしましょう。

給与形態に関しては歩合制と解説しましたが、具体的には3種類あります。

・A型賃金:固定給+歩合給+賞与
・B型賃金:完全歩合
・AB型賃金:固定給+一定の売り上げを超えた時に発生する歩合+賞与

未経験者におすすめするのは「AB型賃金」を採用している会社です。固定給の割合が多く、結果が出せなくても一定以上の収入が確保できます。

勤務時間に関しては隔日勤務が多いのですが、どうしても難しい場合は昼日勤や夜日勤を募集している会社を探すようにしましょう。

タクシードライバーを続けるなら会社選びが重要!

トラブルが起きたときの会社の対応も、辞めたくなるきっかけになることがあります。従業員を守ってくれない会社は、事故やトラブルの対応がいい加減です。タクシー会社に応募するときは、サポートが充実していて従業員を大切にしてくれる会社を選びましょう。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!
タクシー運転手ハイヤー運転手役員専属運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

\ LINE登録者限定!3大特典プレゼント!!/ 無料の転職相談を予約する。