CLOSE

転職お役立ち情報

LINEでお問い合わせ
ドライバー

タクシードライバーになるには?どんな資格が必要?ドライバーの条件とは

タクシードライバー(タクシー運転手)に必要な資格の概要

タクシードライバー(タクシー運転手)に必要な資格は二種免許です。
東京・神奈川・大阪の一部の都心エリアでタクシー運転手として働くには地理試験の合格が必要になります。

タクシー運転手と一括りにしましたが、法人に所属して乗務する運転手と個人で乗務する運転手の2種類があり、それぞれ法人と個人のタクシー運転手になる方法は少し異なります。

 

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!
タクシー運転手ハイヤー運転手役員専属運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

今なら限定特典!5つをLINE登録していただいた方へプレゼント!

【LINE登録限定特典】
①転職成功者から特別にいただいた応募書類を提供
面接上達テクニック動画を配布
履歴書・職務経歴書作成サポート
④未経験転職にオススメする高年収企業の紹介
キャリアロードマップを作成

タクシー運転手(タクシードライバー)に必要な資格

  • ・二種免許の取得(受験資格:満21歳以上、第一種免許を取得してから3年が経過している)
  • ・地理試験の合格(東京都・神奈川県・大阪府のうち一部の地域でタクシー運転手になる場合)

タクシー運転手として、お金をもらってお客様を乗せる場合には必ず二種免許を取得しなければなりません。二種免許の受験をするには、21歳以上かつ、第一種免許を取得し、免許停止期間を除いて3年以上経過している必要があります。

また、東京都・神奈川県・大阪府のうち一部の地域でタクシー運転手になる場合には、該当エリアの道や建物について詳しくなくてはならず、地理試験の合格が必要となります。

普通自動車第二種免許が必要

第二種免許

 

 

 

 

タクシー運転手として仕事をするためには、「普通自動車第二種運転免許」が必要です。

タクシーやバスなど、お客様を乗せた車両を運転し、料金をもらってサービスを提供する場合に必要となる免許です。

ただし、タクシー会社に入る時点で取得している必要はありません。

ほとんどのタクシー会社では、二種免許の取得費用を負担してくれるため、まずはタクシー会社に就職することを優先して考えましょう。

各社では「普通自動車第一種運転免許」を所持している人を優先的に採用し、養成訓練を行うことが多いです。

第二種免許を取得するためには、普通自動車免許を取得してから3年以上の運転経験が必要です。つまり、 普通自動車免許が18歳から取得可能、3年以上の運転経験が必要ですから、タクシー乗務員として働くためには 21歳以上である必要があります。

そのため、各社の応募資格も「一種免許取得後3年以上」と掲げられていることが一般的です。学歴は問われず、二種免許を持っているタクシー乗務未経験者も歓迎されます。

二種免許を持っていない人がタクシー会社に採用されると、まずは公認教習所にて教習を受けて、二種免許を取得します。

関連記事:20代の若手タクシードライバーが急増している理由とは - 楽楽転職


輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験

例えば、東京特定指定地域(特別区、武蔵野市及び三鷹市)でタクシー乗務員になるには、東京タクシーセンターが事務を代行し実施している「輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験」に合格しなければなりません。

地理試験は道路や交差点の名称、建造物、駅の所在などに関するさまざまな問題が出され、比較的難易度は高めです。

そのため、各タクシー会社では独自の問題集などを用意して、サポートしています。


タクシー運転者として登録される

タクシー運転手になるにはどんな資格が必要?ドライバーの条件とは

運輸局長が認定する講習(法令、安全、接遇および地理)を受講・修了するとタクシー運転者として登録されます。
さらに13指定地域(札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、北九州、福岡)では、講習の受講・修了に加えて「輸送の安全および利用者の利便の確保に関する試験」(法令、安全、接遇および地理)の合格が必要となります。

登録されているタクシー運転手が重大な法令違反や事故を起こしてしまった場合は、運輸局長より登録の取り消し処分を受けます。取り消し処分になると一定期間タクシーに乗務できなくなります。

 

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!
タクシー運転手ハイヤー運転手役員専属運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

今なら限定特典!5つをLINE登録していただいた方へプレゼント!

【LINE登録限定特典】
①転職成功者から特別にいただいた応募書類を提供
面接上達テクニック動画を配布
履歴書・職務経歴書作成サポート
④未経験転職にオススメする高年収企業の紹介
キャリアロードマップを作成

 

そのほかの条件

年齢

道路交通法の規定により、第二種免許の取得資格が21歳以上ため、タクシー乗務員の年齢も21歳以上となります。
定年は各タクシー会社の定める年齢となり、通常は60歳前後だが、70歳迄雇用するタクシー会社もあります。
定年後は、定時制として年金をもらいながら乗務するケースもありますが、通常の隔日勤務で最大13乗務に対して 8乗務に制限されます。

各タクシー会社によって、定年の年齢は異なります。事故のない優良ドライバーであれば80歳を過ぎても働ける会社もあります。体力的に不安がある高齢者でも定時制乗務員として勤務する割合が増えてきています。

関連記事:30代のタクシードライバーへの転職は可能?転職のポイントとコツを解説


タクシー運転手になるにはタクシー会社に入社する

タクシー運転手になるには普通二種免許を取得してからタクシー会社に入社する必要があります。

【未経験でもタクシー会社に就職できる】
多くのタクシー会社は、タクシー運転手の求人を出すとき未経験者歓迎としています。
そのため、タクシー運転手は未経験者でも就きやすい仕事といえます。
普通二種免許を持っていれば、タクシー運転手になるのは難しくないでしょう。

【普通二種免許なしでも就職できる?】
普通免許(第一種)は持っているものの、普通二種免許は持っていない人を入社させているタクシー会社もあります。
そのようなタクシー会社は、普通二種免許未取得者の普通二種免許取得をサポートしてくれます。
人手不足に悩んでいるタクシー会社は、普通二種免許未取得者を雇用して普通二種免許の取得サポートをする傾向があります。

【研修を受けていざ出発】
普通二種免許を持っている人がタクシー会社に入社したら、1カ月程度の研修を受けたのちにタクシー運転手デビューができます。
研修では運転技術のほかに、接客、関連法規、運賃メーターの操作、道路情報、車両が故障したときの対応、緊急時の対応などを学びます。
そして、指導者と一緒に乗務して本物お客様を乗せて営業する実地訓練を受け、問題がなければ晴れて独り立ちします。

関連記事:ハイヤー運転手はきつい?仕事内容やタクシードライバーとの違い、転職に向いている人の特徴を解説

タクシー運転手の仕事の流れ

タクシー運転手の仕事の流れは会社によって人によって異なります。
夜だけ走る人も、日中だけ走る人もいます。
ただ一般的といえる仕事の流れがあるので、以下で紹介します。【1日15~21時間くらい運転する】
タクシー運転手の勤務時間は不規則です。
普通の会社員のように、平日の9時から17時まで働くといった働き方は少ないでしょう。
一般的なタクシーは隔日勤務です。
1日15~21時間ほど働いて翌日休むという形態です。
1日15時間勤務であれば、8時から運転を始めると終業は23時になります。
1日21時間であれば、6時から運転を始めると終業は27時(翌日の3時)になります。【こまめに休憩を取る】
「いくら翌日が休みになるとはいえ1日15~21時間もぶっ通しで働くのは大変だ」と感じるかもしれませんが、多くのタクシー運転手は「続けていると体が慣れる」と話しています。
また、15~21時間勤務といっても15~21時間走りっぱなしではなく、小まめに休憩を取れます。
1日の勤務中に計2、3時間休憩するのが一般的とされています。
計2、3時間の休憩のなかでご飯を食べたり仮眠を取ったりします。
休憩を取る時刻や休憩時間はタクシー運転手の裁量に任されていて、会社側がタクシー運転手に「この時刻にこの時間だけ休みなさい」と指示することは原則ありません。
休憩時刻と休憩時間がタクシー運転手の裁量に任されているのは歩合の割合が多い給料制だからです。
給料制についてはあとであらためて詳しく解説します。

【仕事の翌日は休み】
仕事をした翌日は休みになります。
仕事の日、休日、仕事の日、休日といったサイクルで働くことが多いです。

タクシー運転手に必要なスキル

タクシー運転手に求められるスキルは、安全運転、道路と街を知ること、接客の3つです。

【安全運転】
最も重要なスキルは安全運転です。
どれだけ素晴らしい運転技術を持っていても、事故を起こしてしまったら元も子もありません。
安全運転のコツは、道路法令を厳守する、道路の状況を常に把握する、危険を予知するよう心がける、万全の体調で仕事に臨むなどが挙げられます。

【道路を知る、街を知る】
タクシー運転手は、道路を熟知しておく必要があります。
もしタクシー運転手が道路に詳しくなく、お客様が想定したいた道順とは異なるルートで走行してしまったら、お客様は「料金を稼ぐためにわざと遠回りしているのではないか」と疑うかもしれません。
それはクレームにつながりかねません。
そしてタクシー運転手は街を知ることも大切です。
街で大きなイベントがあれば、多くの人がタクシーを使うのでお客様をたくさん乗せられます。
お客様が増える場所と時間を知っているタクシー運転手は、より多くのお客様を乗せられます。

【接客】
お客様にとってタクシー運転手は、感じのよいタクシー運転手と感じが悪いタクシー運転手の2種類にわかれます。
お客様は感じのよいタクシー運転手を好みます。
お客様のなかには地元でタクシーを使うときは、タクシー会社だけでなくタクシー運転手も指名することがあります。
接客スキルはお客様を気持ちよくさせるだけでなく、タクシー運転手自身の収入(売り上げ)に直結します。

 

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!
タクシー運転手ハイヤー運転手役員専属運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

今なら限定特典!5つをLINE登録していただいた方へプレゼント!

【LINE登録限定特典】
①転職成功者から特別にいただいた応募書類を提供
面接上達テクニック動画を配布
履歴書・職務経歴書作成サポート
④未経験転職にオススメする高年収企業の紹介
キャリアロードマップを作成

\ LINE登録者限定!3大特典プレゼント!!/ 無料の転職相談を予約する。