CLOSE

転職お役立ち情報

LINEでお問い合わせ
高卒

高卒におすすめの仕事とおすすめしない業界まとめ!就職しやすい業種・職種の特徴や探し方を徹底解説

高卒の方の中には学歴コンプレックスがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

転職や就職を視野に入れても、「高卒だからうまくいかないかも・・・」「自分のことなんて雇ってくれないかも・・・」などと自信をなかなか持てないものですよね。

しかし、高卒だからこそおすすめの仕事はたくさん存在しています。そこでここでは高卒の転職や就職で仕事を探している方へおすすめの仕事を業界ごとに区切ってご紹介します!

「好きなことを仕事にすべきか」「楽しい仕事の仕方」についても合わせて解説いたします。

高卒・大学中退・ニート・フリーター特化型のホワイト企業転職紹介
今なら限定特典!5つをLINE登録していただいた方へプレゼント!

楽楽転職では高卒・大学中退の方に向けた優良な限定求人を提案いたします!
ホワイト企業の求人を多数紹介!ニートやフリーター、未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

【LINE登録限定特典】

①転職成功者から特別にいただいた応募書類を提供 ②面接上達テクニック動画を配布 ③履歴書・職務経歴書作成サポート ④未経験転職にオススメする高年収企業の紹介
⑤キャリアロードマップを作成

 

目次

高卒でも就職しやすい職種の特徴とは?

高卒でも比較的始めやすい仕事を紹介していきます。

  • 学歴を問われない仕事
  • 人手不足を抱えている仕事
  • 働きながら資格が取れる仕事

上記3つが、高卒からでも始めやすい仕事の特徴です。

それぞれ解説していきます。

学歴を問われない仕事

仕事によっては、ある程度の学歴が無いとできない仕事があるものの、学歴を問わずに始められる仕事も多く存在します。

視野を広く持てば、自分に適した仕事を見つけられるので、様々な業界を調べていくようにしましょう。

人手不足を抱えている仕事

業界によっては、慢性的な人手不足を抱えている業界もあり、高卒でも即戦力として働ける環境が整っています。

人手不足を抱えている業界については、人の移り変わりが激しい業界でもあるため、長期間勤務すれば早い段階での昇進も可能です。

入社後は、知識や技術の習得など一定の努力は必要ですが、挑戦しがいのある仕事といえるでしょう。

働きながら資格が取れる仕事

「教育制度」が整った企業では、研修や勉強会などが充実しているため、就職してから必要な知識や技術を身につけられます。

また、資格取得支援制度がある場合は、働きながら資格を取得することも可能な職場も多くあります。

そのため、制度をうまく利用すれば、特別なスキルがない人も着実にスキルアップを目指せるでしょう。

高卒転職・高卒就職でおすすめの仕事は?

最終学歴が高校卒業の人が向いている転職先、就職先はどのようなところがあるのでしょうか。

厚生労働省「令和4年3月高校・中学新卒者のハローワーク求人における求人・求職状況を公表します(7月末現在)」内、「高校新卒者のハローワーク求人に係る産業別求人状況」によれば、高卒向けのものとしては特に製造業や建設業の求人が多くなっているため、こちらをヒントにするのも一つです。

具体的な職種を選ぶ際には、学歴よりも実力を重視される仕事であれば高卒の方も活躍しやすい環境に身を置きやすくなります。

IT業界~スキル重視~

 

たとえば、IT業界は学歴ではなくスキルを重視する傾向があります。プログラマーwebデザイナーなどは仕事の成果次第で評価されますので、能力さえあれば順調に昇進や昇給を狙うことができる環境です。

職歴が長くなり、一流の技術を身に付けたシステムエンジニアインフラエンジニアはフリーになって高収入を得続けることも可能になります。ではそれぞれの仕事内容を具体的に見ていきましょう。

プログラマー

高卒で未経験の方へおすすめの職業の代表格といっても過言ではない「プログラマー」。この職業の主な仕事は、プログラム設計、プログラミング、単体試験になります。

詳細設計の内容を確認して、指定のプログラミング言語のどの関数を使用してどのライブラリを使用して、どのようにロジックを組み立てていくのかといったプログラム構成を設計します。

そしてその後、実際にコーディングを行い完成したモジュールを単体で動作させ、試験を繰り返してバグを潰していくのがメインの仕事です。

つまりプログラマーとは、そのプロジェクトにおいて一番最後の工程を担う、非常にやりがいのある仕事なのです。

ちなみに上記の「コーディング」「モジュール」といった用語の意味がわからず、「プログラマーなんてややこしそうでとっつきにくい!」と感じた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、このような感覚はIT業界に入った新人全員が感じるものだそうで、最初はちんぷんかんぷんでも次第に慣れてきて内容をしっかり掴んでいけるようになるのだそうです。

またプログラマーをはじめとしたIT業界の仕事は基本的に学歴よりも実力を重視する実力主義の世界。したがって学歴を気にする人はIT業界にはおらず、努力した分だけ評価される業界なのです。

高卒・未経験で興味のある方はぜひ飛び込んでみましょう。未経験からプログラマーを目指す場合には独学でも可能ですが、プログラミングスクールに通うと効率的にスキルを培うことができるでしょう。

もしくは直接正社員になることを一旦やめて、アルバイトや契約社員から始めてスキルを培うという方法もあります。

この場合には最終的に正社員雇用をしてもらうことを前提にした方が得策かと思われますので、事前に正社員に上がることができる企業かを調べておくことをおすすめします。

システムエンジニア

システムエンジニア(SE)の仕事について、世間一般ではプログラミングをする仕事だと思っている人も多いでしょう。しかし、この仕事はプログラマーの仕事であり、システムエンジニアの仕事ではありません。

システムエンジニアの仕事はプログラマーに指示を出す仕事であり、一切IT業界で働いた経験が無いとプログラマーに的確な指示を出すことが出来ない可能性が高いため、プログラマーとして経験を積んだ上でシステムエンジニアになるのが一般的です。

システムエンジニアが設計をしたものをプログラマーが作るとイメージすればわかりやすいでしょう。そのため、未経験でシステムエンジニアを目指すことが出来ると言うインターネットの記事も多いですがそれはシステムエンジニアではなくプログラマーです。

ちなみに未経験でもシステムエンジニアになれるという条件で求人を出している企業はたくさんありますが、このような企業はIT業界ではあるものの人事担当者がIT業界の用語をしっかり理解していない可能性が高いです。

中にはシステムエンジニアとなるためにプログラマーやテスターの経験をしっかりと積ませてくれる企業もありますが、上記のようにあまり人事担当者が現場の仕事内容や用語を理解していないと、現場と人事との連携が取れていないことが多いと言えるでしょう。

このような企業はブラック企業の可能性が高いので、なるべく避けるようにしましょう。

インフラエンジニア

プログラマー・テスター以上に知名度が低く、人手が足りていないことから未経験者の需要が高い職業がインフラエンジニア

インフラエンジニアはインターネットが安全に運用されているかを監視し、万が一トラブルが発生したら原因を究明して解決する仕事が中心となっています。

プログラマーと比べると地味に感じるかもしれませんが、私たちがインターネットを使ううえで欠かせない職業と言えるでしょう。

Webデザイナー

Webデザイナーとは、その名の通りWebサイトやサービスのデザインを行う職種です。

具体的にはWeb上の企業サイトやアプリケーション全体のデザインから細かいバナーやボタン、素材等のデザインと作成を行います。またそれらのデザインだけでなく、全体のフレームワーク及びコーディング作業を兼務する事もあります。

なお、マーケティングやSEMの視点を交えたデザインが出来るWebデザイナーは重宝されます。

IT業界は全体としても伸びており、今後もさらなる成長が見込める業界ですのでWebデザイナー職の需要は高まっていきます。ですので第二新卒の皆さんも転職するならぜひIT業界の企業を狙うべきであるといえるでしょう。

さらにWeb関係のデザイナーだけではなく、コーディングやITのスキルをつけることによって第二新卒の方でも転職後に幅広いキャリアアップが可能です。

飲食業界~求人が多い~

 

飲食業は高卒の就職・転職で非常に狙いやすい仕事になります。飲食業はそもそもの需要の高さに伴う求人の多さに加え、慢性的な人材不足に陥っていることからも狙いやすくなっています。

ただし、あまりに人手が足りないような職場を選んでしまうとその業務内容の実態はブラックである可能性も考えられるため、職場選びには十分に注意しましょう。

飲食業であればアルバイト経験があるという方も決して少なくはないでしょう。そのアルバイト経験を活かして就職を成功させた高卒の方は非常に多いです。最初はホールスタッフが狙い目でしょう。

さて、飲食店で正社員として働くためには、いくつかの条件をクリアする必要があります。まずは資格です。

飲食店で働く以上、調理師免許はぜひ取得しておきたいものです。特にキッチンスタッフには必要です。

調理師免許は国家資格であり、安全な料理を作ることができる料理のプロの称号です。この資格がなくても調理をすることは可能ですが、持っていれば就職に有利になることは間違いありません。

自分で飲食店を開業する場合にも有利になりますので、将来性のある資格と言えるでしょう。

資格を取得するためには、調理師学校に通うか2年以上の実務を経験した後に、調理師試験に合格する必要があります。

なお飲食店で正社員として働くために求められるのは、資格だけではありません。ほとんどの飲食店では、スタッフの大部分がアルバイトです。正社員には多くのアルバイトの勤怠管理や、指導も求められます。

最初はキッチンスタッフやホールスタッフを経て、最終的には従業員を指導する立場になっていくのが基本的な飲食業の正社員業務の流れです。

 

運輸業界&製造業界~積極採用~

恒常的に採用を実施を続けるような企業に応募するのもおすすめです。タクシー運転手、バス、トラックなどのドライバーは最終学歴が高校卒業でも採用がされやすい職種のひとつです。

大手の鉄道会社も高卒者の中途採用を募集しています。工場などの製造業も高卒者が中心になって活躍している業界です。

大手メーカー、中小企業の工場を問わず、慢性的な人手不足といわれていますので今はもちろん今後また転職する際にも将来的に求人はたくさんあります。優良企業であれば残業は少なめです。

ドライバー

タクシーの運転手や運送会社のトラックのドライバーなど都心や田舎を問わず、さまざまな地区において必要とされるドライバー職も需要が高いお仕事です。

中卒の人でも普通運転免許を取っていれば働き始めることができますし、入社までに運転免許が取れる予定であれば就職面接が受けられる企業もあります。

ドライバーの人材も募集している企業が多く人材の奪い合いになっているため、福利厚生を充実させて人材獲得を目指している会社が多いのが魅力です。

中には資格取得のサポートをしてくれる会社もあります。

例えば、第二種など特殊な運転免許が必要な企業でも、面接時に普通免許さえ持っていれば入社してから社費で免許を取らせてくれるなどです。給料を受け取りながら取得できる点は嬉しいですよね。

また、給与や手当てなど収入の面でも優遇されることの多いドライバー職は稼げる職種のひとつでもあります。

特にタクシー運転手の場合にはもらえる給与は歩合制が基本です。歩合制は基本給(基本的にもらえるお給料)にプラスで頑張った分の給与が上乗せで支給される仕組みです。

そのため、頑張れば頑張るほど最初のうちから高い水準の給与を受け取れる仕組みになっています。他にも特殊な免許を持っているドライバーの基本給が高く設定されている企業もあります。

タクシードライバーや長距離トラックの運転手などは勤務のリズムとして夜に働くケースもありますが、その場合は年間休日が通常企業の倍程度あったり、シフト制だったりとその分休暇が準備されています。

他にも勤務形態を選べたり、日勤のみの待遇の求人もあります。自分なりのワークライフバランスを作り上げたいという方や頑張った後は集中して休みがほしい方にも魅力的な仕事でしょう。

製造

製造業は工場などで働き、ものづくりに貢献する仕事です。物を販売するより作りたい人や、身体を動かすのが好きな人には向いているでしょう。

製造業といえば黙々と仕事をするイメージを持たれがちです。しかし、他部署への連絡や折衝などコミュニケーション能力が問われる場面も多いことは知っておきましょう。

また書類関係の仕事もよくあります。提案書、検査表、作業チェックシートなどを作らなくてはなりませんので、文章力も磨いておきたいところです。

製造業は基本的には労働時間がはっきりと決まっています。繁忙期になると話は変わってきますが、通常は定められた時間働けば帰宅できます

定時で仕事が終わるため、プライベートを充実させることができるでしょう。また正月、お盆、ゴールデンウィークなどの休みをしっかり取れるのもメリットです。会社にもよりますが、だいたい1週間程度は休めます。

製造業は資格を取得しやすいのもいいところです。作業を実施するために資格が必要になるケースが多いので、そのような場合は会社が資格取得のための費用を出してくれます。

資格は自分のものになるので転職のときなどに有利になるでしょう。製造業は実際に製品を作るため、自分のスキルが上がれば、それが目に見えます。技術が上がったことを実感でき、仕事へのモチベーションがアップするでしょう。

弁護士業界&税理士業界~努力が結果に!~

士業

学力に自信があるのであれば、将来弁護士や税理士などの国家資格を目指す方法もあります。

これらの国家資格は基本的に大学教養課程や専門大学院を修了しなければ受験できないので、高卒者は認定試験を受ける必要があります。

ハードルはかなり高いですが、がんばり次第では高卒でも弁護士になることは不可能ではないと言うことができるでしょう。

まだ20代であれば警察官、消防官、自衛官など公務員の採用試験を受けるのも将来的に良いでしょう。公務員についてはこちらで詳しく解説しています。

ちなみに、もし「やりたいことが見つからない」「自分に合った仕事が何かわからない」などと仕事探しにお悩みの方は、転職のプロに相談して自分に合った求人を紹介してもらうという方法があります。

 

高卒に向いていない業界

メディア・新聞社、代理店業界

メディア業界

高卒者の就職・転職では厳しい業界についても一応把握しておきましょう。職種にもよりますが、テレビ局、新聞社、代理店などは学歴を重視しますので高卒にはやさしくないと言うことができるでしょう。

ただし、上記の業界でも中小企業や下請けであればチャンスが全く無いとは言えません。まずは求人を出しているかを確認して、あればぜひ応募をしてみてください。

金融業界~学歴重視の傾向~

金融業界

銀行などの金融機関も高卒での採用がむずかしい業界です。一昔前であれば、商業高校の出身者がよく採用されていましたが、1990年代を過ぎてからはほとんど採用がなくなりました。

金融業界は大卒以上の学歴が求められることを覚えておきましょう。ただし、地方の銀行や新しい銀行をはじめ、学歴を問わず採用をしている企業もありますので最初から諦めることはせず、挑戦してみてください。

商社~大卒に人気&競争率が高い~

商社

大手商社に関してもほぼ同じことを言うことができます。大手商社も大卒、もしくは大学院修了者のみの採用がほとんどです。

小さな会社であれば採用を行っている場合もありますが、その場合は職務経験を問われることが多いです。商社に関しては大卒以上でも人気の就職先になりますので競争率はさらに高くなります。

しかし、「学歴不問」や「高卒以上」の求人があればあなたも企業の求める人材の一人です。まずは選考に参加してみましょう。

ちなみに、求人を探す際に皆さんは何を使われますか?企業の公式HPや就職・転職サイト、エージェント(就職・転職の無料サポート)など様々かと思いますが、”匿名掲示板サイト”の情報だけを頼りに活動を進めるのはおすすめしません。

 

高卒の仕事探しで注意したいポイント

実際に転職や就職活動をしていて、なかなか内定を得られない方も中にはいるかもしれません。そんな方に気をつけていただきたいのが「仕事探しのポイントを押さえられているか」です。

高卒の仕事探しで一番大切なポイントは、「企業が採用したい人と自分の状況が合っている求人に応募する」ということです。

なぜなら、内定を取れていない方に限って「おもしろそう」「楽しそう」だけを基準に仕事探しをしている方が多いからです。では具体的にどんなところに気をつければよいのか見ていきましょう。

求人情報探しでは、応募条件が「高卒以上」や「学歴不問」と書かれている仕事を探しましょう。企業側は学歴ではなく、ポテンシャルややる気、その人の人柄などを重視している傾向があります。

また、企業の採用実績や先輩社員の声があれば、同じような境遇の方が働いていないか見てみましょう。学歴に関係なく本人のやる気次第で活躍できる会社かどうかを判断することが出来ます。

加えて、仕事を探すときには業界ごとの違いを押さえることも大切です。高卒者が採用されやすい業界としては、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。高卒者が採用されやすい業界を以下の記事でピックアップしてみました。

高卒でも就ける仕事の探し方

自分が目指したい職業が決まったら、その後は求人を探して応募する流れになります。

高校によっては、すでに卒業生が就職している企業とパイプを持っており、学校全体で就職サポート行ってくれる高校もあります。

まずは自分の担任の先生や進路指導の先生に直接相談してみましょう。

その上で、高卒の人の就職先に探し方を紹介します。

自分から応募する

今や「高卒 求人」と検索すれば、簡単に高卒可の求人を見つけることができます。

また、街のタウン誌や新聞にも正社員募集の広告があるため、そこから応募するのも手です。

第3者に惑わされることなく、自分で就職活動をしたいのにおすすめの探し方です。

ハローワークを利用して就活する

ハローワークは国が行っている職業紹介事業の1つです。

ハローワークでは相談員に相談することができ、書類の添削や面接の対策も行ってくれます。また「職業訓練」というサービスでは働くうえで身に付けると有利な資格を習得できます。

ただし、ハローワークに求人を載せるのは無料な分、ブラック企業が多かったり、地域にバラつきがある点はデメリットです。

アルバイトから正社員を目指す

高校を卒業してすぐには就職せず、アルバイトをしながら正社員登用を使って就職する方法もあります。

ただしアルバイトから正社員になるのは時間が少々かかってしまうため、その分給料に差がでてしまうのがデメリットです。

また「正社員登用制度あり」と書かれていても必ず正社員になれるとは限りません。事前に実績があるかどうかよく確認しておきましょう。

知人に紹介してもらう

知人から就職先を紹介してもらうのもおすすめです。

親の知人などを通して仕事を紹介してもらうのは、所謂コネ入社、悪い扱いは受けないでしょう。

ただし紹介して特別に入社させてもらった手前、簡単に辞めてしまうと知人の顔に泥を塗ることになります。

変なプレッシャーを感じながら仕事をすることになります。

就職サイト・就職エージェントを利用する

就職サイトや就職エージェントを利用して求人を探すのも手です。

こういったサービスは「大卒」という学歴が必要なところが多いため、高卒でも就職支援をしているサービスを探す必要があります。

しかしハローワークと同様に書類の添削や面接対策をしてくれるため、1人でも就職活動が不安な方におすすめです。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では高卒の方に向けた限定求人を提案いたします!公務員や企業の求人を多数紹介!ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。ハローワーク非公開も多数!新着・レア求人を限定でご紹介!

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

高卒の就職・転職活動を成功させるために知っておきたいこと

 

実際、高卒の人は大卒の人に比べると就職がむずかしい場合があります。

特に大企業への就職を希望する際などに、新卒採用は大卒に限って大量採用をする企業が多いことに加え、中途採用でも応募条件に学歴が記載されている企業も少なくありません。

また、最終学歴が高校卒業の人を歓迎している求人の内容に偏りがあることも事実です。

就職であれば通っていた高校と企業のつながりによって異なりますが、転職に関しては高卒者が応募できる事務系の仕事は少ない傾向にあります。学歴を重視しない営業職や技術職の求人が多いです。

ただし、仕事の歴が長くなってくれば高卒や大卒などの学歴差がなくなることもあります。

そのため、高卒者が就職する際には柔軟な発想で職を探し、入った会社で実績を積むことが転職で仕事探しの幅を広げる最大の近道で、これは学歴に限らず、入りたい会社やなりたい職種に対して応募までのハードルが高い人すべてに共通することです。

正社員を辞めてブランクがある方は派遣社員や契約社員でもいいので社会人経験を現場で取り戻すことは正社員就職に有用ですし、未経験の職種に挑戦したい方はポテンシャルを示すために現状の職種で結果を出したり、仕事をしながら資格を取ったりすることが大切です。

まずは今の状況で、将来に向けてどう努力したかが仕事探しの幅を広げます。

たとえば、将来とあるメーカーの営業職を目指すのであれば、まずは商品にこだわらず何でも売るという気持ちが大事になります。

メーカーの名前を借りずに商品を売ることは、営業力の向上やお客様の気持ちを汲んだ営業方法の発見に繋がります。

そこでの頑張りは数字を踏まえて転職時にアピールが出来ますし、転職後にノウハウを生かして営業成績トップを取ることも夢ではありません。

業種にこだわりを持ってしまいすぎると、そもそも就職できずブランクがあいてしまうなど最悪の状況になりかねませんので注意しましょう。

また、将来の職種に直接通じなくても現状の仕事で努力することは、他の職種でも努力できるということを採用担当者に印象付けることが出来ます。

肉体労働系の仕事であれば、重い物を軽々と運んだり、暑い場所でも長時間作業をし続けることができるなど経験談をもとにタフさを売り込むことで、精神的な強さや体力をアピールすることができます。

「努力をし続けることができる」、「仕事をやりぬく根性は負けない」などの気持ちはどんな職種にも役立ちます。

他にもアルバイト経験がある方はわかるかと思いますが、外食業界などコミュニケーション能力が重要視される仕事はお客様相手(to C)の職種で役立つスキルを身につけることが出来ます。

事務職などのデスクワークでも社内の人との円滑なコミュニケーションをとる能力は重宝されます。

飲食業界でどのような相手でもうまくやっていけるような人当たりの良さや対人のコミュニケーション能力を身に付けることが理想の転職実現に繋がります。

まわりが大卒だらけの仕事だと、高卒であることにコンプレックスを持ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、コンプレックスを持ったところで何も良いことはありません。まずは自分の目標に向かって前向きに進んでいきましょう。

転職の幅を広げるために資格の取得もおすすめです。難易度の高い資格を持っているほど有利に就職・転職活動を進めることができるでしょう。

 

とはいえ一人では仕事探しのやり方がイマイチわからず不安な方も多いことでしょう。そんな時は就職・転職エージェントの利用が非常に便利です。

転職エージェントとは、求職者に対して提携している企業の求人を紹介することを主なサービスとして展開している民間の就職支援サポートです。

 

高卒でも大卒より高い年収がもらえる仕事とは?

高卒でも大卒より高い年収がもらえる仕事

厚生労働省の資料によると、平成28年度の高卒の初任給の平均は男性で約16万3千円、女性で15万7千円です。男女で差があるのが気になりますが、それよりも気になるのが、大卒の平均的な初任給との差です。

大卒の平均初任給ですが、男性で約20万5千円、女性で約20万円と、高卒の初任給よりもはるかに高く設定されています。

そのため、高卒でも待遇や条件がいい職場を探すためには学歴よりも経験ややる気、成果を重視する実力主義のような業種を探してみましょう。

初任給は大卒と比べて低くなることはありますが、実力主義なので成果により高収入になる可能性が高いです。

ただ、稼ぎたいといって、稼げる業種や職種をなんでも選んでしまうと上手く続けられない場合もあるので、しっかりやりたい仕事を決めた上に就職活動を進めていきましょう

社会的には「高卒は給料が低い」と思われがちですが、実際に社会で働き始めれば「学歴の差」よりも「向上心の差」が重要なポイントになります。

どん欲に「お金をたくさん稼ぎたい」と思い「どうすれば会社に貢献できるか」「客が喜んでくれるか」を考えて行動できれば、高給取りへと近づいていくでしょう。大切なのは「いつまでも成長しつづけたい」という「向上心」です。

 

高卒でも社長になれる!自分に適した業界を探すのが成功への近道

大卒に比べて高卒の就職がむずかしいのは現実ですが、転職がそういうわけではありません。

実力主義の企業や、学歴を問わない業界にいくのであればチャンスは大いにあります。高卒をコンプレックスと考えず、前向きに行動するようにしましょう。

高卒でもがんばって社長になった人はたくさんいます。自分に適した業界に就職し、実力を発揮できるようにしましょう。

高卒で就職するメリット

「やりたいことが明確に決まっている」「経済的な事情」など高卒で就職する理由は様々。

しかし大学に行かずに高卒で就職することに不安を感じる人もいますよね。

結論からいえば、たしかにデメリットもありますが、メリットも存在します。

まずは高卒で就職することのメリットから紹介していきます。

大学進学の学費を抑えられる

高卒で就職する一番のメリットは進学の学費がかからない点です。

大学に進学して卒業するためには、4年間、短期大学なら2年間支払わなければいけません。

国立・公立・私立によって違いはありますが、国立なら75~95万円、私立大学なら130万円程度が必要です。

学費だけでなく、一人暮らしをする場合は家賃や生活費も必要であり、金額の負担も大きいでしょう。

奨学金を貸して進学をしている学生もいますが、社会人になるときにはローンが発生していまいます。

そういった金銭的な負担がないのが高卒で就職するメリットです。

社会人経験を早くつめる

大学進学する人に比べると、高卒で就職する方は3年も長く社会にでています。

社会人としてのマナーやスキルはもちろん、自由に使えるお金があることも高卒で就職するメリットでしょう。

高卒で就職するデメリット

高卒で就職することのメリットを紹介してきました。

続いて高卒就職のデメリットを紹介します。

基本的にデメリットは「大卒」と比較したものになっています。

現在高校で就職するのか、大学進学するか迷っている人は、特に参考にしてみてください。

高卒と大卒では生涯賃金に大きな差が出る

高卒で就職する最大のデメリットは、大卒との生涯賃金の差です。

大学卒業(23歳)から定年(60歳)まで39年間働いた場合の生涯賃金の平均は、2億7000万円。

高校卒業(19歳)から定年(60歳)まで43年間働いた場合の生涯賃金の平均は、2億4000万円。

その差は3000万円。

もちろん平均なので、今後の社会の流れで狭くなったり広がったりする可能性があります。

初任給や昇給の差、基本給や給料が多い会社の応募条件が大卒以上、昇進のしやすさなど、様々な要因によってつく差です。

高卒のメリットの中に「学費の節約」がありました。

しかし大学の学費は、国立で200万円、私立で400万円程度。

生涯賃金の平均から学費を引いても2500万円以上の賃金差がつくことになります。

就職・転職できる企業の幅が狭くなる

企業によっては採用の条件として「大卒」を設けている企業も少なくありません。

現在の日本社会ではまだまだ高卒で就職できる職種や業種がある程度決まってしまっているのが現状です。

大手の企業ほど学歴を重視する傾向にあるため、大手を目指したい人は進学した方がいいでしょう。

自分が将来したい仕事が変わって転職したくなった場合も、転職の幅が狭くなってしまうのがデメリットです。

就職に成功する高卒の特徴とは?

ここからは、就職に成功する高卒の特徴を紹介していきます。

成功している人の特徴を理解して、あなたの就活に役立ててみましょう。

仕事上のコミュニケーション能力が高い人

高卒の人ができる仕事の多くは、仕事内容が単純なものが多く、高度なスキルや知識が必要ありません。

そのため、仕事上のコミュニケーション能力が必須になります。

職場の人間関係はもちろんですが、社外の人や得意先の人とのコミュニケーション能力も求められます。

能動的に仕事をする姿勢を持っている人

入社して間もないころは、不明点や悩みなどが頻繁に出てくるでしょう。

分からない事をそのままにしてしまうと、評価をされることが無く、成長も見込めません。

そのため、仕事をしていて分からないことがあったらすぐに聞けたり、他の人から仕事を貰ったりと能動的に仕事をする姿勢を持っている人が重宝されます。

社会人として基本的なスキルともいえるので、仕事に対しての能動的な姿勢を身に付けておきましょう。

高卒は社会人を経験して経歴とスキルを磨こう!

高卒は大卒と比べて就職先の選択肢が少なく、生涯賃金にも差が生れます。

しかし、高卒でも卒業後に社会人として計画的にキャリアを積んでいけば、キャリアアップが十分に可能です。

重要なのはフリーターにならず、一早く社会人として経歴を築いてスキルを磨くという点。

スキルがあれば学歴が不利にならないので、少しでも早く社会人経験を積んでくださいね。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では高卒の方に向けた限定求人を提案いたします!公務員や企業の求人を多数紹介!ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。ハローワーク非公開も多数!新着・レア求人を限定でご紹介!

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

\ LINE登録者限定!3大特典プレゼント!!/ 無料の転職相談を予約する。