CLOSE

転職お役立ち情報

LINEでお問い合わせ
高卒

高卒が工場で働くのはあり?工場勤務の労働環境やメリット・デメリットを解説

工場で働いている人を想像した時に、皆さんはどのようなイメージを持たれますか?

「給料が低そう」「重労働で仕事が大変そう」「人と関わることが少なそう」などとあまり良くない印象を持つかもしれません。

そのため、工場勤務は高卒から人気が高い職業とは言えないでしょう。

しかし、皆さんが工場勤務に対して持っているイメージと、実際の労働環境はかなり異なっているのも事実。

そこで今回の記事では、高卒が工場で働くメリット・デメリットや実際の労働環境の実態を紹介していきます。

進路に迷っている高卒は、この記事を読んでみて、工場に就職するのも視野に入れてみて下さいね。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。履歴書の書き方やスケジュール管理まで一任でき、日常のキャパシティを大きく使うことなく環境を向上させることが可能です。求人件数:16,000件以上!

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

高卒が工場で働くメリット・デメリット

3K(汚い・キツイ・危険)のイメージが強い工場勤務ですが、実際のところ工場で働くメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

ここからはメリット・デメリットをそれぞれ紹介していきます。

高卒が工場で働くメリット

まずは、高卒が工場で働くメリットから紹介していきます。

  • 工場勤務は基本給が高い
  • 複雑な仕事が少ない
  • 残業が少ない

それぞれ見ていきましょう。

工場勤務は基本給が高い

高卒として働いている人の平均的な年収額は、200万円前後とされています。

その年収額に比べて、高卒の工場勤務の年収は250~300万円程と言われており、同世代よりも高い年収を稼いでいるのが現状です。

工場勤務の年収が高いのは、月ごとの月収に加えて、手当てが豊富に付くのが大きな要因。

昼夜関係なく三交代制となっているため、深夜手当や時間外労働が給料にプラスされます。

加えて、資格を取得すれば業務の幅が広がり、資格手当が付く企業もあります。

仕事内容自体は決して楽ではないものの、その労働に見合った給料がもらえるのは仕事のモチベーションに繋がりますね。

工場勤務は複雑な仕事が少ない

工場勤務の仕事内容は、頭を使って様々なことを考えたり、周りの人と協力して複雑な業務をこなしていくわけではありません。

様々なことを考えるというよりも、流れ作業がほとんどで、頭を使わなくてもできる作業が大半です。

複雑な仕事が少ないため、仕事のことで悩んだり、ストレスが溜まるということは極めて少ないかもしれません。

その日によって多少業務内容が異なるものの、毎日やることがほとんど変わらないというのは、大きなメリットと言えるでしょう。

仕事の悩みが少ないというのは、休日やプライベートを充実させるのにも繋がるため、有意義な生活を送っていけるでしょう。

工場勤務は残業が少ない

一昔前までは、工場勤務は労働条件が整っている企業が少なかったため、過酷な労働条件で働かなければなりませんでした。

しかし昨今では、労働環境が見直されて、労働時間が厳密に管理されています。

そのため、残業がほとんどなく、強制的に帰宅されることも珍しくありません。

大企業の工場では特にそうですが、工場を24時間3交代制で可動させていて、残業はほとんどありません。

シフトの関係で1時間程度の残業があるものの、それでも時間はしっかりと管理されており、サービス残業などは皆無と言って良いでしょう。

高卒が工場で働くデメリット

工場で働くメリットが分かったところで、次にデメリットを紹介していきます。

  • 生活リズムがおかしくなる
  • 仕事のやりがいが見いだせない
  • 社内コミュニケーションが少ない

それぞれ見ていきましょう。

生活リズムがおかしくなる

工場勤務は3交代のシフト制を採用している工場が多く、シフトによっては昼夜関係なく働かなければなりません。

残業こそ少ないものの、生活リズムが狂ってしまうのは覚悟しておかなければなりません。

また、勤務時間が不規則になってしまう分、友人と休みが合わず中々遊びに行けないというストレスを感じてしまうケースも多々あります。

加えて、生活リズムが乱れてしまうと、体調を崩してしまう場合があるのも工場勤務のデメリットと言えるでしょう。

仕事のやりがいが見いだせない

工場勤務のメリットとして、取り組む仕事が決まっていると述べましたが、逆に言えば仕事内容が単調とも言えます。

毎日同じような流れ作業を行っていると、仕事のやりがいを感じられずに、仕事に対してのモチベーションが保てない人もいます。

仕事のモチベーションが保てないと、長期間勤務する意欲もなくなってしまい、早期退職してしまう人も出てくるでしょう。

そのため、仕事のやりがいをどこかで見出さなければなりません。

いち早く出世して高収入を得るために、精一杯仕事に取り組んだり、休日に自分の好きなことをしてストレス発散するのでもいいでしょう。

自分なりの息抜きややりがいを見つけて、上手く仕事と向き合っていく必要がありますね。

社内コミュニケーションが少ない

工場で働いていると一人で完結する作業がほとんどなので、社内でコミュニケーションを取る機会がかなり少なくなります。

一人で黙々と作業を進めたいという人には、ピッタリの仕事かもしれませんが、コミュニケーションを取る仕事をしたいという人には少し退屈かもしれません。

残業時間が少ないとはいえ、8時間近く誰とも話さずに仕事をするのは、精神衛生的にもよくないかもしれません。

「コミュニケーションが少ない」というのをメリットと取るか、デメリット取るかで工場勤務に対するイメージが大きく変わるかもしれません。

工場勤務の労働環境や待遇面などを解説!

工場勤務のメリット・デメリットを理解して所で、ここからは工場の労働環境や待遇面などを紹介していきます。

  • 工場勤務は決してブラック企業が多いわけではない
  • 福利厚生が整っている
  • 安全第一を心がけている企業が多い
  • 勤続年数が増えると役職に就ける

それぞれ見ていきましょう。

工場勤務は決してブラック企業が多いわけではない

先述したように、昨今では工場勤務の労働環境が見直されてきており、工場勤務でも働きやすいような環境づくりに企業は力を入れてきています。

そのため「工場勤務=ブラック」という考えは、かなり古い考えになります。

メリット・デメリットはあるものの、工場勤務も一つの選択肢として持っておくのもいいでしょう。

工場勤務は手当が充実している

工場で働いている場合は、残業手当、休日出勤手当、夜勤手当が固定給にプラスして給料のうち大きな割合を占めます。

残業、休日出勤、深夜勤務をした場合の時間外手当は、基本給の25%と法律で定められているため収入が大幅にアップしていきます。

また、法定休日に出勤した場合には35%の手当がもらえるため、通常勤務よりも破格の手当が付きます。

工場はブラック企業が多いというイメージがあるものの、実際のところ、仕事した分の収入がもらえるためホワイト企業が多いと言えるでしょう。

工場でサービス残業をするという事はほとんどなく、労働法がしっかりと守られているという点では労働環境は良いと言えます。

ほとんどの工場で安全第一を心がけている

工場に勤務していると、大型の機械や人体に危険な薬品などを取り扱う場合が多いため、品質や生産数よりも安全第一をスローガンに掲げている企業がほとんどです。

悲しい事実ですが、工場勤務している人が過労によって、仕事の不注意を招き無くなっている人やケガをしてしまう人が多数いました。

その悲劇が見直され、従業員の安全を第一とする企業が増えて、不運の事故による死傷者を出さないような環境改善が行われました。

もちろん仕事をしているわけなので、生産目標などのノルマはもちろんあるものの、従業員の安全を第一としている業種は他にほとんどありません。

このように労働者を主体に考えられているため、工場勤務はかなり健全と言え、将来性も高いと言えます。

世間が考えているイメージと実際の工場勤務はかなり違い、実際は工場で勤務するという事は安定的で安全で健全な環境と言えるでしょう。

工場勤務では勤続年数が増えると役職に昇進できる

工場勤務は単調な業務内容が多いため、仕事の成果を上げづらいのでは?と思う人もいるでしょう。

しかし、勤続年数が上がっていく毎に正当な評価をされるため、班長・主任・課長などの役職に就くことができます。

役職に就くと仕事の幅が広がったり、仕事の責任量も増えていくため、その分収入も上がっていくでしょう。

課長以上の役職に就ければ、年収700万円以上も夢ではありません。

高卒よりも収入が高いとされている、大卒よりも高い収入を得ることも十分に可能なので、仕事のやりがいに繋がってくるでしょう。

高卒でも工場に就職する難易度はそこまで高くない!

ここまで記事を読んだ方の中には、「工場勤務も悪くないかも…」と思う人も多いかもしれません。

そう思った人が気になるのは、工場に就職する難易度。

企業規模や工場で取り扱うものによって入社難易度は異なるものの、工場への就職は決して難しくありません。

資格やスキル、経験などはほとんど必要とされないため、高卒でも入社しやすい職種と言えるでしょう。

基本的な人間性があると判断されれば、誰でも始めることができて、仕事を始めてから資格などを取得していき業務の幅を広げていくのが一般的です。

高卒という学歴が全く不利にならないため、進路に迷っている高卒の人は検討してみてはいかがでしょうか?

工場勤務は決して低賃金・重労働ではない!

この記事をここまで読んだ方は、工場勤務に対してのイメージが大きく変わったと思います。

世間的なイメージから、工場勤務は重労働で低賃金というイメージが付いてしまっていますが、実際のところは働きやすくて収入が安定している職種と言えるでしょう。

就職難易度も決して高くないため、一度検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人が就職に成功することを祈っています。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。履歴書の書き方やスケジュール管理まで一任でき、日常のキャパシティを大きく使うことなく環境を向上させることが可能です。求人件数:16,000件以上!

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

\ LINE登録者限定!3大特典プレゼント!!/ 無料の転職相談を予約する。