CLOSE

転職お役立ち情報

LINEでお問い合わせ
ドライバー

長距離トラックドライバーの生活を解説!1日のスケジュールを解剖

・長距離トラックドライバーの1日のスケジュールを知りたい

・車内の生活方法や快適に過ごすコツを知りたい
・長距離を走るなかでも生活リズムを崩さない方法を知りたい

本記事では上記のような疑問を解決するとともに、長距離トラックドライバーの生活にまつわる情報を紹介します。長距離トラックドライバーを目指している方はぜひ最後までご覧ください。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。履歴書の書き方やスケジュール管理まで一任でき、日常のキャパシティを大きく使うことなく環境を向上させることが可能です。求人件数:16,000件以上!

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

 

長距離ドライバーの仕事内容とは?

長距離ドライバーとしての仕事は、一見単純な運転業務のように思えるかもしれませんが、実際には多岐にわたる業務が求められます。指定された目的地までの安全な運転はもちろん、荷物の取り扱い、ルートの選定、車両のメンテナンスなど、多くの責任とスキルが要求される職種です。このセクションでは、長距離ドライバーとしての具体的な仕事内容と、それに伴う日常の業務フローについて詳しく解説していきます。

 

長距離トラックドライバーの1日の生活の流れ

 

仕事内容や道路状況の確認

一日の始まりは、その日の仕事内容や道路状況の確認からスタートします。特に天気や交通情報は、安全運転のために欠かせない情報源となります。また、荷物の種類や量、目的地の詳細など、運送業務の詳細もしっかりと把握する必要があります。

 

荷物の積み込み作業

次に、荷物の積み込み作業が行われます。これには、荷物の重さやバランスを考慮して、効率的かつ安全にトラックに積む技術が求められます。また、破損を防ぐための注意も必要です。

 

運転

荷物が積み終わったら、いよいよ運転のスタートです。長時間の運転が予想されるため、事前の体調管理や適切な休憩が必要となります。また、安全運転を心掛けることはもちろん、燃費を考慮した運転方法も求められます。

 

休憩

長時間の運転は体に大きな負担をかけるため、定期的な休憩が必要です。休憩中は、軽食を取ったり、ストレッチをしたりして体の疲れを取ることが大切です。また、休憩時間を利用して次のルートの確認や、車両のチェックも行います。

 

長距離トラックドライバーの生活の特徴

 

長距離トラックドライバーとしての生活は、一般的なサラリーマンとは異なる独特の特徴があります。長時間の運転や車内での生活、さまざまな地域を訪れることなど、この職種ならではの日常があります。ここでは、その生活の中での特徴や、ドライバーが直面する日常の課題について詳しく解説していきます。

 

睡眠・仮眠の取り方

長距離ドライバーの最大の課題の一つが、適切な睡眠を取ることです。運転中の眠気は事故の大きな原因となるため、適切な休憩を取りながら、車内やサービスエリアでの仮眠を効果的に取る技術が求められます。特に、車内での睡眠は、快適な環境を整えることが大切です。

 

道中の食事事情

長距離ドライバーは、さまざまな地域を訪れるため、地域ごとのグルメを楽しむこともできます。しかし、一方で、健康的な食生活を維持することが難しい面も。外食が中心となるため、バランスの良い食事を意識することや、車内での簡単な料理を取り入れることも考えられます。

 

トイレの利用方法

移動中のトイレの利用は、計画的に行う必要があります。サービスエリアやパーキングエリアの位置を予め確認し、トイレ休憩のタイミングを計画することが大切です。また、緊急時に備えて、車内に簡易トイレを備えるドライバーも多いです。

 

シャワーやお風呂の利用状況

長時間の運転後は、汗や疲れをリフレッシュするためにシャワーやお風呂が欠かせません。多くの大型サービスエリアにはシャワールームが設けられており、ドライバーたちはこれを利用して日々の疲れを癒しています。

 

これらの生活の特徴を理解することで、長距離ドライバーとしての日常の過ごし方や、その職種の魅力・課題がより明確になります。

 

トラックドライバーの休憩場所と方法

 

長距離トラックドライバーとしての運転は、数時間に及ぶことが多く、適切な休憩が必要不可欠です。しかし、休憩を取る場所や方法は、一般的なドライバーとは異なる特徴があります。トラックドライバーがどのように休憩を取り、どのような場所でリラックスするのかを詳しく解説します。

 

トラック内での休憩の仕方

トラックのキャビンは、運転席だけでなく、休憩や仮眠を取るためのスペースも備えています。特に、長距離トラックにはベッドが装備されていることが多く、ドライバーはここで仮眠を取ることができます。また、カーテンや遮光シェードを使用して、プライバシーを確保しながら休憩を取ることも可能です。

 

トラックドライバーが休む場所と休憩時間

トラックドライバーが休憩を取る場所は、主にサービスエリアやパーキングエリアです。これらの施設は、トイレや食事、シャワーなどの設備が整っており、ドライバーたちの休憩の場として利用されています。休憩時間は、運転時間や体調に応じて調整されますが、法律で定められた最大運転時間や必要な休憩時間を守ることが求められます。

 

トラックドライバーの休憩は、安全運転のためにも非常に重要です。適切な休憩を取ることで、疲労を軽減し、事故を防ぐことができます。次のセクションでは、トラック生活を快適にするための必需品について詳しく解説していきます。

 

トラック生活を快適にする必需品

 

トラックの中は、長距離ドライバーにとって第二の家とも言える場所です。そのため、快適に過ごすためのアイテムや設備が求められます。このセクションでは、トラック生活をより快適に、そして効率的に過ごすための必需品を紹介します。

 

快適な眠りのための布団セット

長時間の運転後の休息は、疲れを回復するために非常に重要です。そのため、快適な眠りをサポートする布団セットは必須アイテムとなります。低反発マットレスや、体温を適切に保つシーツなど、快適な眠りをサポートするアイテムを選ぶことがおすすめです。

 

旅先でも清潔を保つ入浴グッズ

トラックドライバーは、移動中にシャワーを浴びる機会が限られるため、車内で手軽に体を清潔に保つことができる入浴グッズが必要です。ウェットティッシュや、無水シャンプー、ボディシートなど、水を使わずに清潔を保つことができるアイテムがおすすめです。

 

通話や情報収集に便利なハンズフリーのイヤホンマイク

運転中も、通話や情報収集が必要な場面があります。そのため、ハンズフリーのイヤホンマイクは、安全に通話や情報収集を行うための必需品となります。

 

インバーターの重要性

トラックの電源は12Vですが、多くの家電製品は100V以上で動作します。そのため、トラック内で家電製品を使用するためには、12Vを100V以上に変換するインバーターが必要です。

 

道中の暇つぶしにテレビやノートパソコン

長距離ドライバーは、休憩中にリラックスするためのエンターテインメントが求められます。テレビやノートパソコンは、道中の暇つぶしや情報収集のための重要なアイテムとなります。

 

車内での食事や飲み物のための冷蔵庫・ポット・カセットコンロ

車内での食事は、健康や経済的な理由からも重要です。冷蔵庫やポット、カセットコンロなどの調理器具を備えることで、手軽に健康的な食事を取ることができます。

 

距離ドライバーのリアルな実態

 

長距離ドライバーの仕事は、外から見ると単に運転をしているだけに見えるかもしれませんが、実際には多くの課題やリアルな実態が存在します。給与体系や勤務環境、企業の取り組みなど、ドライバーの実際の生活を知ることで、この職種の魅力や課題を深く理解することができます。ここでは、いくつかのケースをもとに、長距離ドライバーのリアルな実態を詳しく解説していきます。

 

ケース1:基本給が7.5万円の現実

一部の運送会社では、基本給が7.5万円と非常に低い場合があります。しかし、この基本給に加えて、走行距離や荷物の量に応じた歩合給が支払われるため、実際の月収は基本給だけで判断することはできません。効率よく仕事をこなすことで、十分な収入を得ることも可能です。

 

ケース2:完全歩合制のメリットとデメリット

完全歩合制の場合、収入は運転した距離や取り扱った荷物の量に直結します。そのため、頑張れば頑張るほど収入が増えるというメリットがあります。しかし、逆に言えば、仕事の量が少ない月は収入が大きく減少するというリスクも。安定した収入を求めるドライバーには向かないかもしれません。

 

ケース3:ホワイト企業とブラック企業の違い

運送業界には、ドライバーの福利厚生や労働環境に力を入れているホワイト企業も存在します。一方で、過酷な労働を強いるブラック企業も少なくありません。企業選びは、長距離ドライバーの生活やキャリアを大きく左右するため、入社前のリサーチや情報収集が非常に重要です。

 

長距離ドライバーの仕事は、収入や労働環境、企業の取り組みなど、多くの要因が絡み合っています。この職種を選ぶ際は、リアルな実態をしっかりと理解し、自分に合った働き方や企業を選ぶことが大切です。次のセクションでは、長距離ドライバーに関するよくある質問に答えていきます。

 

長距離ドライバーに関するよくある質問

 

長距離ドライバーという職種には、多くの疑問や不明点があるかと思います。ここでは、多くの人々から寄せられる質問と、それに対する答えを専門家の視点から解説していきます。

 

長距離ドライバーの平均的な給与は?

長距離ドライバーの給与は、企業や勤務形態、経験年数などによって大きく異なります。一般的に、初任給は月給20万円~30万円程度とされていますが、歩合給や手当を含めるとさらに上がることも。経験を積むことで、月収50万円以上を稼ぐドライバーも少なくありません。

 

トラックドライバーの休日はどれくらいあるの?

トラックドライバーの休日は、勤務形態や企業によって異なります。一般的に、4勤2休や2勤1休などのシフト制を採用している企業が多いです。また、長期の運転が続く場合は、その後に長期の休暇を取ることも。

 

長距離ドライバーの健康管理はどうしているの?

長時間の運転は体に負担をかけるため、健康管理は非常に重要です。多くのドライバーは、定期的な休憩を取りながらストレッチを行ったり、バランスの良い食事を心掛けたりしています。また、長距離運転を続ける上で、眼の健康や背中のケアも欠かせません。

 

長距離ドライバー生活まとめ

長距離トラックドライバーの1日の仕事スケジュールや生活の特徴についてまとめました。仕事の特性上、日々の生活をトラックとともに過ごすことが多いため、実際の生活を知らないと「思ったより辛い」ということになりかねません。しかし、事前に1日のスケジュールや生活方法を知っておくことでその心理的なギャップを埋められます。長距離トラックドライバーの生活は、ポジティブに捉えると一般的な会社員では味わえない楽しいことも経験できます。これを機に、長距離トラックドライバーに興味を持っていただけると嬉しいです。以上、長距離トラックドライバーの生活についてでした。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。履歴書の書き方やスケジュール管理まで一任でき、日常のキャパシティを大きく使うことなく環境を向上させることが可能です。求人件数:16,000件以上!

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

 

\ LINE登録者限定!3大特典プレゼント!!/ 無料の転職相談を予約する。