CLOSE

転職お役立ち情報

LINEでお問い合わせ
ドライバー

軽貨物ドライバーってきついの?おいしい仕事なの?

軽貨物ドライバーおいしい仕事

軽貨物ドライバーの仕事を始めるにはさまざまな方法があります。

軽貨物ドライバーとして働いている自分をイメージする時、仕事量や休みの日数、トラブルやクレーム対応など、 きつすぎて体力や気持ちがもたないのではないかと心配する人は多くいます。 実際に働いてみないと分からない側面もありますが、事前に知っておけるのであれば情報を集めておくのがよいでしょう。

今回は、軽貨物ドライバーの仕事の探し方について、詳しく説明していきます。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!

トラック運転手軽貨物ドライバーゴミ収集車の運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

 

軽貨物ドライバーの平均年収

軽貨物ドライバーとしてのキャリアは、多くの人にとって魅力的な選択肢です。特に、自由な働き方を求める人々にとって、この職業は大きな可能性を秘めています。しかし、多くの方が気になるのは、実際のところ軽貨物ドライバーとしてどれくらいの年収を期待できるのか、という点でしょう。この職業の年収は、様々な要因によって大きく変動します。

平均的な年収は約300万円から600万円程度とされていますが、これはあくまで一般的な目安です。

実際の収入は、個々のドライバーの働き方、取り組む案件の種類、効率の良い仕事の進め方などによって大きく異なります。

参考:厚生労働省「統計からみるトラック運転者の仕事

参考:厚生労働省「トラックドライバーの労働条件

 

 

軽貨物ドライバーって実際きついの?

まずは、軽貨物ドライバーの仕事がきついと言われる理由をいくつかピックアップ致します。


配達件数が勝負の仕事だから

軽貨物ドライバーは、配達件数をいかに増やすかが勝負の仕事です。 配達件数を増やせれば収入も上がりやすい一方、逆に配達件数が少なければ十分な稼ぎが得られず、 「こんなはずではなかった」と悩むようになってしまいます。


体力ありきの仕事だから

階段の昇り降り、夏場の暑さや冬場の寒さなど、体力を削られるシーンが多いためになかなか疲れが取れないという声を耳にします。 また、配達コースや道も覚えなければいけないため、精神的な疲れも出てくるでしょう。

元々体力に自信がある人でも、慣れるまではきついと覚悟しておく必要があります。


軽貨物ドライバーがおいしい仕事と言われる理由

軽貨物ドライバーは、きついイメージがある一方でおいしい側面もある仕事です。 ここでは、おいしい仕事と言われる理由についてピックアップ致します。


取り扱う荷物が軽量なので挑戦しやすい

「軽貨物」ドライバーの名の通り、取り扱う荷物の多くが軽量で、持ち運びしやすいものであることが多いです。 大型の家具・家電、冷蔵品・冷凍品、特殊な扱いが必要な電子機器・精密機器などを対象としていないため、 エレベーターのないアパートや大型マンションへの配送も楽に行えます。

配送件数を稼ぎやすい荷物だと言えるでしょう。


競合に女性やシニアが多い

軽貨物ドライバーとして働く人のなかには女性やシニアも多いため、自分で無理なく請け負える範囲の仕事だけを受注している人が多いという特徴もあります。 高収入を目指す人にとっては、比較的競合が少なく、一括で大型案件を請け負いやすい環境だといえるでしょう。


働き方が自由

休みの曜日や日数を自分で決められるため、無理ない範囲で副業として働く人も、主収入としてガッツリ稼ぐ人も働きやすいのが、軽貨物ドライバーならではの強みです。 長期休暇を取得したり、日によって早上がりしたり、ワークライフバランスを意識した働き方ができるでしょう。


社内の人間関係や就業規則に縛られない

業務委託やフリーランスとして軽貨物ドライバーの仕事をする場合、社内の人間関係や就業規則に縛られることなく働けます。 もちろんドライバーとしての礼儀やマナー、ルールに則って仕事をする必要はありますが、 「会社員」としての働き方が自分に合っていないと考える人は、個人事業主として働く道を考えてもよいでしょう。


学歴や年齢による足切りがほとんどない

ドライバーが学歴や年齢よりも、誠実で確実な仕事を請け負ってくれる人を重視する仕事です。 個人事業主としてドライバーをするのであれば定年制度もなく、長く働きながらキャリアを積める仕事だと捉えられるでしょう。

配達する荷物の個数によってはかなりの高収入も見込めますので、学歴に不安があって大企業への転職を躊躇う人や、 年齢が足枷となってなかなか書類選考に受からない人もチャレンジできます。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!

トラック運転手軽貨物ドライバーゴミ収集車の運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

 

 


軽貨物ドライバーの現実は?1日の仕事内容

軽貨物ドライバーの1日の仕事は、車へ荷物を積み込むところから始まります。 今日配送すべき荷物の個数や配送ルートの確認が済み次第、早速仕事をスタートします。

適宜昼食を取りながら配送を続けますが、多くの軽貨物ドライバーは途中で一度配送センターに戻り、次便の荷物を積みなおします。 1日100~200個の荷物を配送すると考えると、1度に車に乗りきらなかったり荷物をおろす時に不便だったりしますので、都度積み込みを行いましょう。 時間指定便に配慮しながら配送を行い、最後に締め作業を行って業務が終了します。

ただし、宅配便ドライバーに多くみられる「再配達問題」の根は深く、配達完了しないと売り上げにならないケースもありますので、 最初は無理なくスケジュールが組める程度の量から始めましょう。


軽貨物で安定的かつ高収入で稼いでいく方法

軽貨物ドライバーとして安定して高収入を得るためには、戦略的なアプローチが必要です。単に多くの仕事をこなすだけではなく、より効率的で収益性の高い仕事の選び方や、長期的な関係を築く方法が重要になります。以下に、具体的な戦略をいくつか紹介します。

企業から定期案件をもらう

定期的な案件を確保することは、収入の安定化に直結します。特に、一定の企業と長期的な契約を結ぶことができれば、不定期な仕事に頼ることなく、安定した収入源を得ることが可能です。企業との契約を獲得するためには、信頼性の高いサービスを提供することが重要です。時間通りに配送を完了させる、荷物を丁寧に扱う、コミュニケーションをしっかりとるなど、プロフェッショナルな対応を心がけましょう。

関連記事:軽貨物ドライバーの平均年収はいくら?稼ぐために収入を上げる方法や仕事内容を解説

通常の配送とスポット便を掛け合わせる

軽貨物ドライバーとしての収入を最大化するためには、定期的な配送とスポット便の配送を上手く組み合わせることが効果的です。スポット便とは、その都度発生する配送依頼のことで、通常のルート配送と組み合わせることで、無駄なく効率的に収入を増やすことができます。ただし、スポット便は急な依頼が多いため、柔軟な対応が求められます。

関連記事:軽貨物ドライバーで月収100万稼ぐ働き方はある?まずは月30万、50万を目指すのが現実的?

天候が悪い時など人がやりたがらない時に仕事を請ける

天候が悪い日や祝日など、他のドライバーが仕事を敬遠しがちなタイミングで積極的に仕事を引き受けることも、収入を増やす一つの方法です。これらの時期は、配送依頼が減少するため、報酬が高く設定されることが一般的です。また、こうした状況下での信頼性の高いサービス提供は、顧客からの評価を高め、将来的な仕事の獲得にもつながります。

関連記事:軽貨物ドライバーの手取りどのくらい?徹底検証 - 楽楽転職

軽貨物の仕事を取る際に注意したい点

軽貨物ドライバーとして成功するためには、仕事を選ぶ際の注意点を理解し、賢く行動することが重要です。適切な仕事選びは、収入の安定化だけでなく、長期的なキャリア形成にも寄与します。ここでは、軽貨物の仕事を選ぶ際に特に注意すべきポイントをいくつか挙げてみましょう。

会社選び

軽貨物ドライバーとして働く際、最初に重要なのが会社選びです。信頼できる会社を選ぶことは、安定した仕事の流れを確保する上で不可欠です。会社を選ぶ際には、その会社の評判、支払われる報酬の透明性、仕事の量、サポート体制などをしっかりと確認しましょう。また、可能であれば既存のドライバーからのフィードバックを得ることも有効です。

仕事内容と報酬

仕事を選ぶ際には、その内容と報酬を慎重に検討する必要があります。報酬が高い仕事ほどリスクが伴うこともあるため、自分のスキルや経験に合った仕事を選ぶことが重要です。また、仕事の内容が自分のライフスタイルや健康状態に合っているかも考慮する必要があります。長期的に見て、身体を過度に疲弊させるような仕事は避けるべきです。

経費や手数料

軽貨物ドライバーとして独立している場合、経費や手数料の管理も重要なポイントです。車両の維持費、燃料費、保険料などの経費は、収入から差し引かれるため、これらを適切に管理し、コストを最小限に抑えることが収益性を高める鍵となります。また、仲介業者を通じて仕事を得る場合は、その手数料も考慮に入れる必要があります。

ドライバーに転職して後悔することが多い?後悔しない転職方法を解説

未経験でもドライバーに転職できるの?転職を失敗しないポイントを解説

 

軽貨物ドライバーのメリット・デメリットまとめ

軽貨物ドライバーは、きつく大変なことも多い仕事ではありますが、その分のメリットや旨味も十分にあります。 特に、会社員としてではなく自由なスタイルで自分の働き方を決めたい人や、 仕事中は基本的に1人という強みを活かしながら人間関係に左右されることなく集中した仕事をしたい人にとっては、特におススメできる仕事です。

体力づけやルート覚えなど慣れるまで大変だと覚悟しつつも、興味がある人は運送会社のドライバー募集広告やドライバーマッチングサイトを覗いてみるといいかもしれませんね。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!

トラック運転手軽貨物ドライバーゴミ収集車の運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

 

参考:統計からみるトラック運転者の仕事

\ LINE登録者限定!3大特典プレゼント!!/ 無料の転職相談を予約する。