CLOSE

転職お役立ち情報

LINEでお問い合わせ
高卒

高卒が20代で転職を成功させるためのコツや心構えを解説

働き始めて数年経てば、転職のことを意識する人も増えてきます。

確かに、「転職は若いうち」にとよく言いますが、果たして本当なのでしょうか?

逆に「若い=経験不足」と見なされて、採用されないということはないのでしょうか?

転職にはいつだって、不安がつきものです。

今回は、高卒キャリアの方が20代で転職を成功させるコツを探っていきます。

高卒・大学中退・ニート・フリーター特化型のホワイト企業転職紹介
今なら限定特典!5つをLINE登録していただいた方へプレゼント!

楽楽転職では高卒・大学中退の方に向けた優良な限定求人を提案いたします!
ホワイト企業の求人を多数紹介!ニートやフリーター、未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

【LINE登録限定特典】

①転職成功者から特別にいただいた応募書類を提供 ②面接上達テクニック動画を配布 ③履歴書・職務経歴書作成サポート ④未経験転職にオススメする高年収企業の紹介
⑤キャリアロードマップを作成

 

【高卒の転職】20代での転職は早すぎる?

20代の転職は早い?→そんなことはありません!

理由①伸びしろに期待して採用されることがある

高卒20代の転職は、やる気を重視する企業も多いため成功する可能性が十分にあります。

スキルや経験がなくても、若くてやる気があれば採用に至ることがあるのです。

これを、ポテンシャル採用と言います。

その名前の通り、応募者のポテンシャルに期待を込めて採用しているのです。

理由②同じ年齢の大卒より教育コスト・手間がかからない

高卒20代が転職で有利な点は、他にもあります。

例えば高卒で働き始めて数年だと、まだ20代前半という方が大半かと思います。

20代前半であれば、新卒入社の大卒と同じくらいの年齢…つまり「若者」です。

それでいて、社会人経験が数年あるとなれば、仕事の進め方をレクチャーする手間やコストなどが省けるので、企業側にとっても都合が良いのです。

関連記事:高卒で転職するのは難しい?理由や実態・おすすめの業種・成功ポイントを調査!

【高卒の転職】20代での転職は、新しいことに挑戦できるのか

決して不利ではない、高卒20代の転職。

さらに高卒20代の転職は、未経験の業種にも挑戦しやすいのが特徴です。

未経験であっても、若ければ覚えも早い上に長く活躍してくれるという期待があります。

ポテンシャル採用の可能性を存分に活かせば、20代の転職も不可能ではありません。

逆に、30代になって新しいことに挑戦しようと思っても、なかなか難しいものです。

転職でキャリアの転換を図りたい方は、「未経験OK」「未経験歓迎」というキーワードを見逃さないようにしましょう。

20代での転職は「逃げ」なのか?

しばしば「転職」をネガティブなものを捉える人がいます。

そうした意見に触れると、あなた自身も「これは逃げなのではないか?」と、自身を責めてしまうかもしれません。

しかし、そうした意見は昔の話。

現代の「転職」は、年収をあげる・スキルをつける・自由なキャリアを求めるなど、その人の生き方をより豊かにするためのものです。

人は誰しもが「豊かに生きる」権利を有しています。

転職はその手段の一つと、柔軟に考えてみることをおすすめします。

さて、ここで少しデータを見てみましょう。

転職する人は、昔に比べて増えています。(2010年の調査以降、転職者の数は年々徐々に増加しています。)

参考

労働力調査 平成29年(2017年)平均(速報)総務省統計局 労働力調査

※表12:年齢階級別転職者及び転職者比率の推移をご参照ください。

なぜ、転職する人が増えたのだと思いますか?理由は複数あります。

  • 現代の日本において、終身雇用制度は過去のものとなった
  • 仕事やライフスタイルに対する価値観が多様になった
  • ビジネスが多岐にわたり、自分の意志で自由にキャリアを選択できるようになった

重要なライフイベントであることに変わりないのですが、昔より転職は身近なものになりつつあります。

TOP GEARでは、高卒の方をメインに転職サポートを行っています。

他の転職エージェントで、学歴を理由に断られた人でも大丈夫。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

高卒で転職を成功させる考え方

さて、「転職成功」という言葉を使っていますが、何をもって「転職成功」なのでしょうか?

答えは人の数だけあります。

仕事に打ち込みたい、年収をUPしたい、ワークライフバランスを重視したい、変化に富んだ仕事がしたい…

あなたが望むことが転職によって叶うなら、それは「転職成功」と言えます。

では、希望というよりむしろ、現状に耐えられず転職する・倒産などやむを得ず転職する場合は、どうでしょう?

コロナ禍の今、そういった局面に立っている人も少なくないと思います。

しかし、この場合もぜひ、転職によって叶えたい希望を一つでも見つけてください。

転職を成功させるためには、まず自分の希望を決める必要があります。

「希望が叶う=成功」だからです。

逆に希望をはっきりさせずに転職活動を進めてしまうと、必ずと言っていいほど失敗します。

「自分の夢が分からないうちは、夢は叶わない」ということと同じです。

そもそもスタートラインに立っていないのですから。

さて、希望が1つでも頭に浮かんだでしょうか。

次に大切なのは、「その希望がポジティブであること」です。

若いうちについ陥りやすいのが安易な気持ちからの転職。

ネガティブ面から転職を考えてしまうことは要注意です。

あなたが思いついた希望は、こんなものではありませんか?

  • 人間関係が嫌になったから転職してやり直したい
  • 通勤時間が長すぎて嫌になったから近い場所で働きたい
  • 残業が多すぎて嫌になったから改善したい

実はこのような内容は20代の転職理由としてよく耳にする内容。

今働いている環境で、工夫して何とかできる部分もあるかもしれません。

例えば人間関係や残業時間なら、ジョブチェンジや部署異動で解決できる可能性もあります。

この他にも、これらの理由を「希望」にしてはいけない理由があります。

ネガティブな転職は「内定=ゴール」と考えてしまっているからです。

「転職によって目の前の問題が解決すればいい」という、刹那的な思考に陥ってしまっている可能性があります。

この場合、転職直後はいいかもしれませんが、しばらく働いてみてまた同じ(もしくは似た)内容で悩む確率が非常に高いです。

内定はキャリアのスタートラインと考え、その先の叶えたい希望と自分の未来を、しっかり考えましょう。

 MEMO

転職は希望をもってするものであれ

【高卒の転職】20代前半の転職と、20代後半の転職

一口に20代といっても、20歳〜29歳までが該当する年齢です。

20歳の転職と29歳の転職では、だいぶ違うものになります。

では、20代前半・後半に分けて考えてみましょう。

それぞれ異なるポイントを押さえて転職活動をする必要があります。

20代前半の転職

高卒から働いていても、社会人経験は短い人だと3年。

まだまだビジネスパーソンとしての経験も浅いため、ポテンシャルに期待して採用される場合が多い年齢の層です。

やりたいことがある場合、未経験の業種に挑戦してみるのも良いでしょう。

実績でアピールできる経験が少ないため、より一層人柄・やる気を重視される傾向にあります。

  • 長い目で見て活躍してくれるか
  • 既に働いている従業員とうまくやれそうか
  • つらい時に、踏ん張れる根性があるか

これらが大事な選考要素として見られています。

素直さを忘れず謙虚に、譲れないところはしっかり芯を通して、矛盾のない書類作りや受け答えを心がけましょう。

 MEMO

言葉づかいなど、社会人のマナーを意識すると印象が変わります

関連記事:24歳の転職は遅い?学歴別・男女別の転職成功のポイントについて解説

関連記事:高卒でも公務員になれる?主な職種やメリット・デメリットも解説

20代後半の転職

社会人経験は7年以上、ビジネスパーソンとしてのマナーも経験も身についている頃。

経験者と若手のいいとこ取りで、同業種や同業界の転職もしやすい年齢層です。

ただし、高卒20代後半は大卒に比較し経験者としての印象が強く、単純な作業経験だけではなくマネジメント能力や部下の育成能力などが求められる場合が多くあります。

  • 年齢関係なく、ポジションに応じた振る舞いができるか(※)
  • 自分のスキルや能力を客観視できるか
  • 実績を数値化(売り上げを●●%伸ばしたなど)できるか

(※)年上の部下に、遠慮せず指示出しできるかなど

この部分が20代前半よりも必要となってきます。

高卒20代後半は、大卒より社会人経験が長いため、スキルや実績などアピールできることが多いというアドバンテージがあります。

その一方で、自分の実績を数値化できないと説得力に欠けてしまいます。

「やる気だけはあります!」は通用しない年齢です。

 MEMO

自分の成績や会社・所属部署の業績は普段から数字にして記録・閲覧・分析する習慣をつけておきましょう

20代の高卒者が転職を成功させるポイント

高卒での転職は不利と考えている方も多いと思いますが、コツを掴めば大卒者と変わらない待遇で働くことができます。

そのためのポイントを紹介していきますので、転職活動の参考にしてください。

20代の高卒者が転職を成功させるポイント
  • 前職と同じ職種に転職する
  • 「学歴不問」の求人に応募する
  • 資格を取得してアピールポイントを作る
  • ポジティブな転職理由にする
  • 企業が求めている人材を理解する

前職と同じ職種に転職する

転職の理由が職場の人間関係や環境にあるのであれば、同じ職種への転職をオススメします。

基本的にどの業界でも実務経験があると重宝され、採用されやすいというメリットがあります。

仕事の内容をある程度理解している高卒者と、実務未経験の大卒者を比べたときに、教育に時間を要しない高卒者の方が有利です。

このときの転職の成功ポイントは、面接や職務経歴書で実務経験を細かくアピールすることです。

前職できちんと実績を残しているのであれば、高卒というマイナスなイメージを払拭し、採用担当者にいい印象を持たれるでしょう。

「学歴不問」の求人に応募する

高卒者が仕事内容や給与面に魅力を感じても、応募条件に「大卒以上」と書かれていると応募することすらできません。

転職サイトなどで求人を探す際は、「学歴不問」で検索するようにしましょう。

人気が高い企業や大手企業は高卒での応募は難しいのですが、学歴を問わない企業でも魅力的な仕事ができる会社は豊富にあります。

また部署によって求める学歴が異なる会社もあり、営業職は大卒以上、事務職は高卒以上と区分されている会社も狙い目です。

資格を取得してアピールポイントを作る

大卒者は厳しい受験戦争を乗り越え、大変な就職活動を経験している人が多いです。

そのため、同じ応募枠に高卒者と大卒者がいれば、どうしても大卒者が有利になってしまいます。

そんな状況で大卒者に負けないためには、資格を取ってアピールすることが武器になります。

難しい資格であればあるほど、「能力がある」「目標に向かってコツコツ勉強ができる」と判断され、面接でも優位です。

資格取得の際には、できるだけ転職先の職場で活かせる資格を選びましょう。

また仕事をやめて資格の勉強に取り組むより、仕事をしながら資格を取得する方が有能と判断されます。

ポジティブな転職理由にする

面接官に転職の理由を伝えるときは、「上司や同僚と合わなかった」というような人間関係の不満や、「仕事が忙しすぎた」などの不満を決して口にしないようにしましょう。

事実だったとしても、ネガティブな発言に面接官はいい印象を持ちません。

理想的な転職理由としては、

「資格を活かして、より専門的な仕事をしたいと思った」「〇〇のパイオニアである貴社で経験を積みキャリアアップを目指したい」

...などの前向きな回答がベターです。

転職理由に関して、面接官から指摘されそうなど不安がある方は、プロの転職アドバイザーに意見を求めてみましょう。

企業が求めている人材を理解する

転職成功への近道は、企業が求めているニーズを的確に察知することが大切です。

主に以下のような能力を求めていることが多いので、自身がどんなところに当てはまっているかをチェックしてみましょう。

  1. コミュニケーション能力
  2.  積極性
  3. 行動力
  4. 協調性
  5. 問題解決能力
1.コミュニケーション能力
  • 相手の話をきちんと理解し回答できる
  • 自分の気持ちや意思を正しく伝えられる
  • 年齢や異性を問わず、多くの人と良好な関係が築ける
2.積極性
  • 上司や先輩の指示を待たずに自分から行動できる
  • 経験がないことにも躊躇せずチャレンジできる
  •  誰に対しても自分の意見を述べることができる
3.行動力
  • やるべきことを見定め実行する
  • 失敗することを恐れない
  • リサーチ力と計画性がある
4.協調性
  • 周りの意見を尊重し業務を遂行できる
  • 自分と違う意見でも受け入れる
  • 状況を把握し、周りをサポートする
5.問題解決能力
  • 困難な状況に直面したとき冷静に判断できる
  • 失敗から多くのことを学び次に活かす 難しい課題に対して優先順位をつけ手順を追って取り組める

「自分はここが人より優れているな」と思うところがあれば、その能力が活かせる職種を選ぶと採用率が高くなります。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では高卒の方に向けた限定求人を提案いたします!公務員や企業の求人を多数紹介!ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。ハローワーク非公開も多数!新着・レア求人を限定でご紹介!

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

20代の高卒者でも転職しやすい業界・職種4選

高卒でも転職しやすい職種・業界というものが存在します。正社員にこだわるのであれば、そのような仕事に狙いを定めて活動しましょう。

20代の高卒者でも転職しやすい業界・職種4選
  • 営業職
  • IT業界
  • 販売業
  • 建設業界

営業職

営業職は人対人の職業のため、学歴よりも人柄や性格を重視されやすく、未経験にもこだわらないという特徴があります。

営業職に求められるものはいくつかありますが、清潔感やコミュニケーション能力、温厚な性格などが挙げられます。

コミュニケーション能力といっても、難しく考えなくて大丈夫です。相手の話を聞き、分からないことは質問しながら自分の意見を伝えることができれば問題ありません。

営業は売り上げを上げるという目標が明確に設定されているため、結果がだせれば学歴に関係なく昇給・昇格が望めます。

IT業界

IT業界は学歴よりもスキルや経験を重視する業界です。またプログラマーやエンジニアは人手が足りておらず、高卒であっても高い確率で採用されます。

平成28年に経済産業省が発表したデータによれば、IT業界の人材供給は2020年から下降していくと予測されています。

そのため、高卒者の活躍の場はますます増えていきます。

好条件で採用されるためには、TOEICのスコアが700点以上あったり、実績を証明するポートフォリオがあったりすると面接でも有利です。

販売業

販売業は基本的に学歴や年齢にこだわらない業界です。

売り上げた分が成績になる、いわば実力主義社会のため、結果が残せれば学歴に関係なく高収入が見込めます。

中でも年収1,000万円以上が見込める業種として、保険代理店や車のディーラーが挙げられます。

成績がいいとヘッドハンティングされるケースもあり、さらに高待遇で転職することもできます。

しかし、結果がだせなければ給料はあまり伸びないという厳しい面も持っています。

建設業界

建設業界では人手不足というよりも、若手不足で悩んでいる業界のひとつです。

高卒でも20代という若さがあれば、積極的に採用してくれる企業は山ほどあります。

現場での仕事は体力が必要ですので、できるだけ若いうちに経験を積み、高齢になってからは現場監督になったり資格を取ったりするキャリアプランがおすすめです。

いずれは力仕事を引退する方向で進めていくと、長く務めることができるでしょう。

 

【高卒の転職】自信と希望を持って、転職活動をはじめよう

20代だから、高卒だからという要素は転職活動においてはあまり影響はありません。

むしろ20代だからこそ前向きに希望を持って転職を成功させていけるのです。

楽楽転職では、「今後どのようにキャリアを重ねるべきか」という部分も含めて、ご相談に乗ることが可能です。

高卒の方で転職を視野に入れている方は、ぜひ下記からご登録ください。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では高卒の方に向けた限定求人を提案いたします!公務員や企業の求人を多数紹介!ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。ハローワーク非公開も多数!新着・レア求人を限定でご紹介!

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

\ LINE登録者限定!3大特典プレゼント!!/ 無料の転職相談を予約する。