CLOSE

転職お役立ち情報

LINEでお問い合わせ
ドライバー

ドライバーの転職理由は何が多い?転職するための大切なポイントを解説

ドライバー転職

ドライバーは、男性から人気のある職業で幅広い年代の人が働いていますが、「転職しようかな…」と考えている人も多いのではないでしょうか?

ドライバーから他の職業へ転職する人は比較的多いです。

その場合の転職理由は何なのでしょうか?

転職理由を参考にする事ができれば、転職するべきなのかドライバーとして働くべきなのか、見えてくると思いますので、この記事ではドライバーの転職理由や転職するために大切なポイントなどもご紹介します。

他の職業からドライバーに転職することを考えている人も参考にしてみてください!

 

 

 

ドライバーに当てはまる職種

ドライバーとは、車を運転する職業とご紹介しましたが車を運転する職業は数多くあります。

下記のような職業がドライバーに当てはまります。

  • トラックドライバー
  • タクシードライバー
  • バスドライバー
  • 配送ドライバー
  • 送迎ドライバー
  • 長距離ドライバー

などが主なドライバー職になります。

基本的な業務の車を運転すると言うことは変わらないのですが、「人」を乗せるのか「物」を乗せるのかが変わってきます。

もちろん、職業によっては運転する車も変わってくるため、必要な運転免許書も変わってきます。

関連記事:トラック運転手(ドライバー)に向いている?向いていない人の特徴も解説

 

ドライバーの主な転職理由

ドライバーの主な転職理由をご紹介しますので、参考にしてみてください。

体力的に厳しい

ドライバーの仕事内容は「車を運転するだけ」と思われる事が多いのですが、実はハードワークとも言われており、転職理由として「体力的に厳しい」と感じられた人も多いです。

「長時間同じ姿勢でしんどい」「常に集中しているから体力的に厳しい」「勤務時間が長いからしんどい」などと人それぞれ体力的に厳しいと感じる部分は様々です。

さらに、腰痛持ちの方にはしんどい姿勢が続くことになると思います。

給料が少ない

ドライバーの転職理由は「給料が少ない」と言うこともあります。

金額が少ないと言うよりかは、勤務時間や勤務内容と給料が伴っていないと感じている人が多いです。

職業によって給料は変わるのですが、ドライバー全体としての転職理由になっています。

さらに、ドライバーは給料が増えることや出世すると言う事が少ないため、転職理由になっているとも考えられます。

関連記事:軽貨物ドライバーで月収100万稼ぐ働き方はある?まずは月30万、50万を目指すのが現実的?

勤務時間が長い

ドライバーは勤務時間が長い事が多いです。

実際運転している時間はそう長くなくても、拘束されている時間は長いためドライバーの転職理由になっているのでしょう。

特に、トラックドライバーは拘束時間が長く、最大で1日16時間もの拘束が認められています。

もちろん毎日拘束していいわけではなく、15時間を超える拘束は週に2回までと決めれていますが、プライベートの時間などが少なく転職を考える人も多いみたいです。

 

ルーティワークに飽きた

ドライバーは基本的に運転する事が仕事ですので、日々仕事内容が変化することはありません。

運転するルートや運ぶ物は変わるのですが、運転すると言う事が変わらなければ、同じ仕事を行う「ルーティワーク」に当てはまります。

ルーティワークは好む人と好まない人に大きく分かれるため、ルーティワークが好きではない場合は転職することになるでしょう。

さらに、「仕事に飽きた」と感じることも多くなりますので、やりがいやモチベーションを保つ事が難しいです。

成果を上げる事がない

ドライバーは決められたことを行いますので、成果を上げると言う事がなく、決められたことを決められたように行えば評価してもらえると言うことになります。

タクシードライバーなどは、お客さんを乗せると言う成果がありますのが、バスドライバーやトラックドライバーは成果というものを感じる機会が少ないです。

上記の転職理由と同様に、仕事に対するやりがいやモチベーションを保つことができずに転職することが多いのでしょう。

事故を起こしてしまった

運転している以上は、事故を起こす可能性がありますよね。

人との接触事故なのか、道路や壁にぶつけるという事故なのかは様々ですが、一度事故を起こしてしまうとなかなか仕事復帰することが難しいです。

特に、人との接触事故を起こした場合は、トラウマになることもあり車を運転することを仕事にしていくのが難しく、転職することに繋がります。

大きな事故になればなるほど、ドライバーとして仕事を続けていくのが厳しいため、転職りゆうの1つになります。

人間関係に問題

ドライバーの男女比率は、圧倒的に男性が多いため、人間関係に問題が起きやすいです。

ドライバーはコミュニケーションを多く取る職業ではないですが、人間関係に問題があると仕事は楽しくないですよね。

1人で行う仕事だとしても、楽しい仕事先がいいでしょう。

そのため、人間関係に疲れ仕事も楽しめないとなり、転職理由になります。

楽しくない仕事や人間関係に問題があると、どの業界でも転職することにつながりますよね。

関連記事:ドライバーに転職して後悔することが多い?後悔しない転職方法を解説

ドライバーから転職するために大切なポイント

  • 転職する職種を絞る
  • スケジュール管理を行う
  • 志望動機を明確に伝える
  • 転職サイト・エージェントを利用する

転職する職種を絞る

ドライバーから他の職種に転職する場合は、まず転職したい職種を絞るようにしましょう。

転職時期や転職する理由などを把握することも大切なのですが、転職したい職種を決めていないと、転職を成功させることは難しいです。

「ドライバー以外ならなんでもいいや」と職種を絞らずに転職活動を始める人もいるのですが、その場合はミスマッチいわゆる転職失敗ということにつながります。

やりたい仕事、転職したい職種が思いつかない場合は、やりたくない仕事から削除していく残った職種に絞りましょう。

スケジュール管理を行う

多くのドライバーが働きながら転職活動を行うと思います。

上記でご紹介しましたが、ドライバーは拘束時間が長いため、転職に対する時間を多く取ることができませんよね。

そのため、転職したい時期や転職活動を始める時期、準備する期間、など転職準備から転職終了までのスケジュールを決めましょう。

細かなスケジュールは決めていなくても、ある程度決めているとスムーズに転職活動を行うことができます。

ドライバーとして働きながら転職する人はスケジュール管理を大切にしましょう。

志望動機を明確に伝える

ドライバーから転職する場合は、志望動機や仕事への意気込みなどをしっかり伝えるようにしましょう。

ドライバーとしての実績や経験しかないため、アピールできるポイントが少ないです。

そんな中でも、転職を成功させるためには思いを伝えるしかありません。

「働きたい!」という思いが企業に伝わるように面接を行なってください。

関連記事:ドライバーに転職する志望動機は?志望動機を考えるコツを解説 

転職サイト・エージェントを利用する

ドライバーから転職する場合は、初めて転職する人が多いでしょう。

さらに、転職に対する時間を多く取ることもできないため、1人で転職活動を行うのはやめておきましょう。

ドライバーから転職する場合は、転職サイト・エージェントを利用するようにしてください。

転職サイト・エージェントでは、担当のアドバイザーが付き求人紹介や面接対策、企業側とのやり取りを行ってくれます。

そして、サポートしてもらうことも求人紹介してもらうことにも料金が発生しないため、気軽に利用することもできます。

国内には数多くの転職サイト・エージェントがありますので、初めて転職を行う人におすすめの転職サイト・エージェントをご紹介します。

ドライバーの転職のエージェント利用なら当社が展開する楽楽転職を利用することを推奨します。

 

 

 

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!
タクシー運転手ハイヤー運転手役員専属運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

優良な運送会社とは?

ドライバーになって活躍するためには、優良な運送会社を選ぶことが大切です。

ここでは、優良な運送会社の見極め方を紹介していきます。

トラックがキレイに洗車されている会社

商売道具であるトラックをきちんと手入れしているかが、優良企業かを見極める大きなポイントです。

車両が洗浄されているということは、業務時間に洗車する時間があるということにつながるため、従業員に過度な労働をさせていないということが分かります。

車両が汚い会社は、車両の整備もきちんと行っているのか疑問です。

従業員を長い時間働かせていては洗車する時間も余裕もないため、車両の状態はブラックか否かを見極める基準となります。

安全装備がされているか

安全装備がされているということは、従業員を大切にしているということの表れです。

また社会的にも、安全・事故防止に努めるのは、会社を存続させる重要なポイントになってきます。

安全装備の代表的なものは以下の3点です。

  1. ドライブレコーダー
  2. デジタルタコグラフ
  3. バックモニター

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーとは、車両のフロントガラスに取り付け、映像や音声などを記録する装置です。

交通事故やトラブルの際に、正確な状況が把握できる役割があります。

デジタルタコグラフ

デジタルタコグラフとは、ドライブレコーダーと同じ記録装置で、バスやトラックなどの業務用車両では装着が義務化されています。

ドライバーの安全管理が目的で使用され、運転速度やエンジンの回転数、走行距離などをグラフ化して記憶し、勤務状況の把握に役立てています。

バックモニター

普通自動車にも搭載されているバックモニターですが、車両が大きいトラックには必須のアイテムです。

とくに運転歴が浅いドライバーには非常に役に立ちます。

事故を起こさないためにも、4t以上のトラック(平ボデーを除く)でバックモニターをつけていない会社はNGと覚えておきましょう。

車両の保有数や従業員数は関係ない

車両の多さや従業員の多さなどで優良企業かどうかを判断する人もいるようですが、実際にはあまり関係ありません。

車両の保有数が少なくても、従業員を大切にしてくれる会社は五万とあります。

ただし従業員数をギリギリで経営している会社の場合、体調不良などで替えが効かないということもあります。

ドライバーは常に事故を警戒しながら運転しなくてはいけないため、体調が業務に及ぼす影響は大きいでしょう。

入社を考える際は、ドライバーの体制確認をしておくと安心です。

インフルエンザなどの感染病でも出社しなくてはいけない会社は、今後のドライバー人生を左右する可能性もあるため、遠慮したほうがいいかもしれません。

 

 

ドライバー・運送会社の優良求人の見分け方

仕事探しでは、インターネットを利用してドライバーの求人サイトを閲覧する人が多いと思います。

ここでは、求人に掲載されている内容のチェックするべきポイントを紹介していきます。

給料の内訳や残業手当をチェックする

ドライバーの給料は、基本給+歩合がほとんどで、他の職種と比べて基本給が手薄なのが特徴です。

歩合の割合が大きすぎると、働かなくては生活できないようになってしまうため、基本給がそれなりに確保されている会社を選ぶようにしましょう。

会社によってはみなし残業代込みの給与設定を設けている会社もあるので、注意が必要です。

また給与欄で「月収20万〜40万円」など、幅を持たせて記載されているときは、低い方を目安に考えて下さい。

最初から40万円をもらえる可能性は、事故を一度も起こしていないベテランドライバーであるなど、条件が付きものです。

勤務時間帯などの労働条件はどうなっているか

決まった日程や時間帯に荷物を届けなくてはいけないドライバーは、届け先によって夜勤や長時間の運転が強いられます。

中には1週間近くかけて荷物を運ぶ仕事もあるため、宿泊や徹夜が必要な業務もあるでしょう。

若ければ多少の無理ができたことも、年齢を重ねるごとにきつい勤務体制は体にも響きます。

労働時間や勤務体制、残業がどのくらい発生するのかも、長く働くためにはしっかりと確認しなくてはいけません。

福利厚生の充実度合い

運送会社によっては、寮を完備していたり、財形貯蓄制度を設けていたりと福利厚生が充実しています。

従業員の待遇に力を入れている企業は、できるだけ長く働いてもらいたいという企業方針がある可能性が高いです。

どのような福利厚生を設けているかをチェックすることで、従業員の労働状況を考えないブラック企業を排除できます。

関連記事:タクシードライバー転職で年収1,000万円超えは可能?

ドライバー転職まとめ

今回はドライバーの転職理由についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

ドライバーから転職する人は多くいますので、悩んでいる人は転職に一歩踏み出してみてください!

今回ご紹介した内容を参考に、転職を成功させましょう!

ドライバーの転職なら当社が展開する楽楽転職を利用することを推奨します。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!
タクシー運転手ハイヤー運転手役員専属運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

 

\ LINE登録者限定!3大特典プレゼント!!/ 無料の転職相談を予約する。