CLOSE

転職お役立ち情報

LINEでお問い合わせ
ドライバー

タクシードライバー転職で年収1,000万円超えは可能?

タクシードライバー 年収1000万
「年収1000万円」といえば、働く日本人にとって1つの目標ラインです。このラインは容易に超えることができず、特別な資格や能力なしでは実現困難な夢でもあります。それでもどうにか稼ぎたいと思った時、目を付けられやすいのが「歩合制」です。歩合制を導入している代表的な職業が「タクシードライバー」なのです。ここではタクシードライバーが年収1000万円稼げる職業なのかと稼ぎ方を解説していきます。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!
タクシー運転手ハイヤー運転手役員専属運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

タクシードライバーの上位1%になれば年収1000万円

タクシードライバーの上位1%になれば年収1000万円

実際にタクシードライバーとして働いたことのある人や現役ドライバーによると、タクシードライバーで年収1000万円を稼ぐことは不可能ではありません。ただしそれは容易ではなく、個人タクシーや各営業所のトップクラスといった氷山の一角だと言っています。

一般社団法人の「全国ハイヤー・タクシー連合会」の発表によると、令和元年に最も高い平均年収をたたき出したのは東京都のタクシードライバーで約481万円でした。しかし新型コロナウイルスの影響を受け、東京都は全国トップではなくなり平均年収は約338万円まで落ち込みました。

そこで注目すべき1000万円プレイヤーであるタクシードライバーは働き方を変えずに、コロナ禍で日本全国の平均年収が激減している中でも継続して稼いでいるそうです。このように稼げるタクシードライバーは、全体の上位1%といわれています。

1000万円稼ぐタクシードライバーの働き方

1000万円稼ぐタクシードライバーの働き方
年収1000万円に到達するタクシードライバーは、コロナ禍でも変わらず稼ぐことができています。「タクシードライバーはお客さんを運よく乗せることができないと稼げない」と思っている人こそ知ってほしい、彼らの仕事方法について紹介します。

1000万円達成の仕事術

1000万円達成の5カ条

独自に統計を取っている

タクシードライバーであれば、ますは道端でお客さんを捕まえる必要があります。そのためにはタクシーを利用するお客さんが集まるところへ行かなければいけません。

ドライバーのほとんどは会社の指示で駅などに待機する時間以外、独自でショッピングモールなど人が集まるところへ向かっているはずです。そこでもう一歩踏み込んだ考えをしているのが、1000万円プレイヤー。

彼らは曜日・時間・場所など混雑するところを狙っていけるように、独自に統計を取りデータ化しているのです。

圧倒的に顧客が多い

混雑している場所を把握していても、お客さんを捕まえるには限界があります。加えて現在のように新型コロナウイルスの影響など、外的要因による変動する可能性も否めません。

それでも上位の人が継続して稼ぐことができたのは、顧客の存在が大きかったと言われています。一般の人のタクシー利用が激減した後も、顧客からの予約は継続して入っていたそうです。

タクシーを予約するときにはドライバー指名ができるので、人気のあるドライバーは休みなく呼ばれるのです。

時間を効率よく使っている

ドライバーにとって時間は、決して無駄にできるものではありません。お客さんを乗せていない時間は報酬が発生しませんが、次に向かうところでお客さんを捕まえることができれば、それは意義のある時間に変わります。年収が多いドライバーは、このように時間を意義のあるものにしているのです。

人が多く集まるところには当然タクシードライバーも集まりますが、稼いでいるドライバーは裏をかいた行動にでることもあるようです。自分の働き方次第で時給が変わるドライバーは、常に時間を有意義なものにしているのです。

投資を惜しまない

タクシードライバーと言えば、車で長距離移動することでたくさんの報酬が発生します。しかしお客さんを乗せる時には「自分が働くテリトリーで乗せる」というルールがあるため、長距離移動した先からの帰り道はなかなか報酬が望めません。

そこで1000万円稼ぐ彼らは、自腹で高速道路を使うことも厭いません。多少損をしても、そのあとそれ以上にプラスになるような仕事ができればOKなのです。

 

圧倒的な顧客基盤を持っている

混雑した場所を知っていても、お客を獲得するのは一定の限界があります。さらに、新型コロナウイルスのような外部要因によって需要が変動する可能性もあります。

それにもかかわらず、高収入を維持できるトップのタクシードライバーは、顧客の存在が大きな要因とされています。一般の人々がタクシーの利用を控えた状況でも忠実な顧客からの予約を受け続けています。

タクシーを予約する際には、特定のドライバーを指名することができるため、人気の高いドライバーは連日、顧客から指名されることがあるのです。

自身でデータを収集し活用する

タクシードライバーとして成功するために、まずはお客を見つける必要があります。このため、ほとんどのドライバーは会社の指示に従って駅などで待機するだけでなく、積極的に人が集まる場所へ向かいます。

しかし、1000万円を稼ぐタクシードライバーはさらに一歩進んでいて、曜日、時間帯、場所などの要因を考慮し、混雑が予想される場所へ独自にデータを収集し、それを活用しています。

自分で予約を管理している

予約は、日常生活のさまざまな場面で必要とされますが、その手続きが面倒で、時には忘れてしまうことがあります。誰しもが一度は「電話予約を忘れてしまったこと」に遭遇したことでしょう。

タクシー会社でも、ドライバーを指名して予約することができます。最近ではウェブでの予約も可能になりましたが、手続きは煩雑です。したがって、高収入を得ているタクシードライバーは、直接予約を受け付ける方法を採用しています。LINEなどのメッセージアプリを使用して、常連の顧客と連絡を取り、スケジュールを事前に調整しています。

この取り組みは、タクシーを利用する顧客にとっても便利であり、タクシードライバーにとってもスケジュール管理がしやすく、効率的に収入を増やせる方法となっています。

関連記事:未経験でもドライバーに転職できるの?転職を失敗しないポイントを解説

関連記事:30代のタクシードライバーへの転職は可能?転職のポイントとコツを解説

年収1000万円稼ぐタクシードライバーになろう!

タクシードライバーが年収1000万円を稼ぐことは、不可能ではありません。目標に達することができるよう、努力すれば道は開かれるかもしれないのです。しかし簡単なことではないので、時には視野を広げて副業と合わせて稼ぐことも考えてみましょう。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!
タクシー運転手ハイヤー運転手役員専属運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

参考:統計からみるハイヤー・タクシー運転者の仕事

\ LINE登録者限定!3大特典プレゼント!!/ 無料の転職相談を予約する。