CLOSE

転職お役立ち情報

LINEでお問い合わせ
ドライバー

ダンプ運転手はきつい?仕事内容や不安、悩みの解決方法を解説

ダンプ運転手 きつい

一般的にダンプの運転手は、楽だと言われることの多い職業ですよね。楽だとは言われているダンプの運転手ですが、実際の所はどうなのか転職を考える方にとっては気になることではないでしょうか。

「ダンプドライバーに興味があるけど、仕事内容がきつそう」

「ダンプドライバーとして働く利点は?」

「ダンプ運転手になりたいけど、もし自分に合っていなかったらどうしよう?」

そこで今回は、ダンプの運転手が本当に楽なのか仕事内容を紹介しながら、詳しくご紹介していきたいと思います。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!

高速バス運転手タンクローラー運転手ダンプカー運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

そもそもダンプカーとは

トラックの中でも「ダンプカー」と呼ばれるのは、荷台を傾けるための装置が付いたものを指します。
荷台を傾け、一気に積載した荷物を降ろす(出せる)のが特徴です。
積載する荷物は、土砂や砕石、アスファルトといったものが多くなっています。

ドライバーが積み降ろしすることはない

積載する荷物が土砂や砕石になることから、ダンプカーを運転する人が荷物を積み降ろしすることはありません。
荷積みする現場にダンプを運転して向かうと、ユンボなどを使用し、荷台に土砂や砕石を積み込んでくれます。
荷降ろしも荷台を傾けて降ろすだけですから、ドライバーが荷降ろし作業をする必要はないのです。
つまり、ダンプ運転士は荷積みや荷降ろしで体力を使うことはあまりないのです。

ダンプ運転手の仕事

ダンプ運転手の仕事は、基本として、時間通りに指定された場所・時間に向けてダンプカーを運転し、到着させることが仕事です。
積載する現場に指定された時間に向かい、積み荷を指定された時間に指定された場所に運び、そこで荷物を降ろします。
安全にダンプカーを走行させ、決められた時間通り決められた場所に移動するのが主な仕事なのです。

関連記事:ダンプ運転手の気になる平均年収/給料や仕事内容とは?どんな人に向いてるのかを解説 - 楽楽転職

ダンプ運転手の1日の流れ

ダンプで土や砂利などを建設現場に運ぶ仕事の場合、1日のスケジュールは下記のようになります。

  • 7時|出社・点呼・荷積み
  • 8時|1つ目の現場到着・荷下ろし
  • 10時|2つ目の現場到着・荷下ろし
  • 12時半|昼休憩
  • 14時|2つ目の現場到着・荷下ろし
  • 16時半|帰社・日報

現場の時間に合わせて出社するため、7時〜9時の間の出勤であることが多いです。他のドライバー職は3時〜5時の間に出勤することもあるため、早朝出勤に抵抗がある人にはおすすめの仕事ですよ。また、ダンプは夜勤の仕事も多いので夜勤希望の方にもおすすめです。

また、現場の数が少ない時は拘束時間が短くなり、昼過ぎに終わることもあります。比較的残業が少ないことはダンプ運転手の魅力ですね。

ダンプドライバーの仕事がきついと言われる理由

 

ダンプ運転手 きつい

 

ダンプドライバーがきついと言われる具体的な理由は何でしょうか? 以下では、ダンプドライバーがきついと言われる理由について紹介していきます。

待機時間が長い

ダンプドライバーがきついと言われる1つ目の理由は、待機時間が長いことです。ダンプカーは大量の土砂など大きな資材を積むことが多く、荷物は積載してもらう場合がほとんど。そのため、ドライバーは荷物の積載が完了するまで待つ必要があります。さらに積載のトラックが集中する時間には、長時間待機することになります。

1日に同じルートを複数回往復する可能性がある

ダンプドライバーがきついと言われる2つ目の理由は、1日に同じルートを複数回往復する可能性があることです。特にダンプカーは、工事現場へ向かうことが多い仕事。

一度に大量の荷物を積載し、何往復もすることが多いです。さらに工事現場は道が舗装されていないため、不安定な道を走行する場合もあります。単調ですが無事に荷物を届けなければならないため、忍耐力だけでなく集中力も必要です。

勤務時間が早朝と深夜に多い

ダンプドライバーがきついと言われる3つ目の理由は、勤務時間が早朝と深夜に多いことです。ダンプカーは日中に使用するものを現場まで運搬する場合がほとんど。荷物によっては、積み置きできません。現場の開始時間に合わせて運搬するため、積載や荷下ろしの時間を考えて深夜・早朝から作業を開始する必要があります。

合わせて読みたい!他のドライバー職の働き方に関する記事はこちら

関連記事:大型ドライバーはきつい?業務実態やメリット・向き不向きを解説

関連記事:軽貨物ドライバーってきついの?おいしい仕事なの? - 楽楽転職

 

ダンプ運転手として働くメリット

ダンプドライバーの仕事内容がきついと言われる理由についてご紹介しましたが、もちろん働くメリットもあります。以下では、ダンプドライバーとして働くメリットについて紹介していきます。

重い荷物の手積み/手下ろしがないため

ダンプドライバーとして働くメリットの1つ目は、自身で重い荷物を積み下ろしする必要がない点です。ダンプカーの積荷は、工事現場や建築現場で使用される土砂・木材からガソリンスタンドへ届ける石油まで様々。これらの積荷は量が多くサイズも大きいため、クレーン車やショベルカーで積載したり、ダンプカーを傾けて荷下ろしをすることがほとんどです。また積載・荷下ろしや、積荷の取り扱いに資格が必要なものも多いため、ドライバー自身で積載・荷下ろし作業をすることは少ないでしょう。

長距離運転をするケースが少ないため

ダンプドライバーとして働くメリットの2つ目は、長距離運転をするケースが少ないためです。ダンプカーは、建築現場や土木工事現場で使用する資材を運搬することがほとんど。場合によっては高速道路を使った長距離移動も伴いますが、都度資材の運搬をするために長い距離を運転することは少ないです。

人間関係のトラブルに巻き込まれるケースが少ないため

ダンプドライバーとして働くメリットの3つ目は、人間関係のトラブルに巻き込まれるケースが少ないことです。勤務時間が長いダンプドライバーですが、勤務中は一人で運転をする時間が大半です。対面でコミュニケーションをとる機会が少ないため、人間関係のトラブルに巻き込まれる心配が少ないことがメリットとして挙げられます。

関連記事:未経験でもドライバーに転職できるの?転職を失敗しないポイントを解説

ダンプ運転手だからこその魅力

ダンプカーの運転は大変な部分がありますが、ダンプ運転手だからこそ感じられる魅力もあります。

待ち時間は自由に過ごせる

待機時間は運転席にいることになりますが、過ごし方は自由です。。
スマートフォンやタブレットで動画を視聴していても、注意されることはないでしょう。
エンジンを切っても快適に過ごせる環境を整えることができれば、好きなことをしながら待ち時間を過ごせます。

体力の消耗は少ない

基本的に荷積みはしてもらえますし、荷降ろしもボタン一つで済んでしまいます。
手積みや手降ろし、自分自身で荷物を運ぶといった作業はないため、体力の消耗は少ないでしょう。
このため、ダンプ運転手として活躍する女性や高齢の運転手はたくさんいます。

車内では自由に過ごせる

ダンプ運転手の仕事場は、当然ダンプカーの運転席です。
基本的には、仕事中は1人で過ごすことが多く、周囲に気を遣う必要がありません。
車内も自分が好きなようにアレンジできる場合もあるため、好きなアーティストのポスターや写真に囲まれて仕事するといったことも可能です。

比較的高給

ダンプ運転手の給与は、一般的な会社員の2倍になる場合があります。
ダンプカーは深夜走行などが求められることがあるため、深夜帯は給与が高くなるためです。
また待機時間も給与が発生します。
「運転席で」という制限はありますが、自分が好きなように過ごせる時間帯にも給与がもらえる点は大きな魅力でしょう。

関連記事:ダンプ運転手の気になる平均年収/給料や仕事内容とは?どんな人に向いてるのかを解説 - 楽楽転職

 

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!

高速バス運転手タンクローラー運転手ダンプカー運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

ダンプドライバーの仕事がきつい際の対処法

 

 

実際にダンプドライバーとして働いてみると、仕事内容がきついと感じる方もいるかと思います。以下では、ダンプドライバーの仕事がきついと感じた際の対処方法についてご紹介していきます。

勤務時間や勤務数を調整できるか相談する

きついと感じる理由が労働時間の長さである場合、勤務時間や勤務日数を調整できるか会社へ相談してみるのも一つの手段です。あまりにも勤務時間が長く、会社に相談しても改善が見込めない場合は、労働基準監督署へ相談しましょう。

他のドライバー職に変える

ドライバー職は続けたいが、ダンプ以外で仕事をしたいという場合、社内へ相談することも良いでしょう。また、ドライバー専門の転職サイトも多くあるため、これを活用して他のドライバー職へ転職することもおすすめです。

転職する

最終手段として、他の職業へ転職するのも1つの手段です。今の会社が合っていないかもしれない、あるいはダンプドライバーとしての仕事が向いていないのかもしれないと感じた場合には転職を考えるのも良いでしょう。

求人サイト・求人票から探す

最も気軽な転職への入り口として、まずは転職サイトへ登録することがおすすめです。ジャパンリリーフでは、ドライバーのお仕事を中心に数多くの求人をご紹介しています。日払いや週払い、短期〜長期のお仕事まで様々な条件の求人を取り扱っているので、条件に合ったお仕事が見つけられます。

転職エージェントに相談する

求人票から個人で企業へ応募することへハードルを感じる方もいるかと思います。そのような場合は、転職エージェントへ相談してみましょう。転職エージェントとは、転職を検討している求職者と企業の仲介をするサービスのこと。希望があれば、転職の支援をするキャリアアドバイザーと直接やり取りをすることもできるため、初めての転職も安心して進められます。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!

高速バス運転手タンクローラー運転手ダンプカー運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

ドライバー仲間の口コミ

ドライバーとして他の会社へ転職したいと考えている場合、口コミも参考となります。他の会社で働くドライバーさんの職場について、聞いてみるのも良いでしょう。実際に働く人の声を聞くことで、職場の環境や自分の条件と合っているかどうかを確認することができます。
砂利道を走るためウィング車より掃除が大変そうですよね。また、他のダンプ運転手と連携して運転するため、一人で気楽に運転するということは難しいようです。

また、ダンプ運転手は公共工事の仕事が多いため日・祝が休みであったり、中型ダンプだとなかなか残業ができなかったりと、あまり稼げないという口コミも目につきます。「ダンプは稼げる」というドライバーもいますが、仕事内容や車種にもよるので注意です。

ダンプ運転手まとめ

いかがでしょうか。今回は、ダンプドライバーの仕事がきついと言われる理由やその対処法、働くメリットについてご紹介しました。ダンプでは、建築現場や土木工事現場など大きな現場の資材を運ぶことが多く、トラック自体も大きいため、やりがいを感じることも多いでしょう。しかし、早朝・深夜の勤務が多いことや、同じルートの往復にきついと感じることも少なくありません。もし働いてみてきついと感じた場合や、今後ダンプドライバーとして働きたいと考えている方は、本記事でご紹介した対処方法や働くメリットを参考にして、自分にあった働き方を見つけてください。

楽楽転職は大手企業を中心に、未経験でも活躍できる安定ホワイト企業をご紹介する未経験人材に特化した転職サポートサービスです。求人件数は16,000件以上!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!

高速バス運転手タンクローラー運転手ダンプカー運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。すべきことを順序立てて簡潔に伝えることで、迅速な転職を叶えます。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

参考:ダンプカー運転手 - 職業詳細 | job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))

\ LINE登録者限定!3大特典プレゼント!!/ 無料の転職相談を予約する。