CLOSE

転職お役立ち情報

LINEでお問い合わせ
ドライバー

タクシードライバーで目標年収700万円!売上シミュレーション

タクシーの乗務員は低収入で稼げないイメージがあったり、何年も続けて固定客が多いベテランドライバーだけが平均以上の売り上げ・年収を稼げているのではないか。そう思うことはありませんか?

 

実際はそんなことはありません。年収700万円は、1年目からでも目指せる現実的な目標ラインです。

この記事では、年収700万円を稼ぐためにはどれくらいの売り上げが必要か。実際のドライバーの売上成績と共に解説いたします。

中卒・高卒・ニート・フリーター特化型のドライバー求人・ホワイト企業転職紹介
今なら限定特典!5つをLINE登録していただいた方へプレゼント!

楽楽転職では高卒・大学中退の方に向けた優良な限定ドライバー職の求人を提案いたします!
ホワイト企業の求人を多数紹介!ニートやフリーター、未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

【LINE登録限定特典】

①転職成功者から特別にいただいた応募書類を提供 ②面接上達テクニック動画を配布 ③履歴書・職務経歴書作成サポート ④未経験転職にオススメする高年収企業の紹介
⑤キャリアロードマップを作成

 

まずは相場(平均年収)を知ろう!

タクシー業界の平均年収は約360万円と言われています。

タクシー業界はドライバーごとの年収差がかなり大きく、稼いでいるエースドライバーは1,000万円を超える一方、年金を受給しながら働く高齢ドライバーは100万円程度に抑えているなど様々な働き方がある業界です。よく言われる平均年収とは、それらのドライバーすべてを含めた平均値になっています。

 

未来都のドライバーの平均年収は約456万円です。未来都の平均年収と業界の平均年収とでも大きな差が出ているように、働き方や営業エリアによっても稼げる収入は大きく差があります。

タクシードライバーで年収700万円は可能か

年収700万円と言うと民間企業で働く給与所得者の上位14%となり、かなり狭き門のように感じられますが、タクシードライバーなら現実的に目指せる年収になります。

タクシードライバーのイメージとして「低収入で稼げない」とよく言われますが、実際はそんなことはありません。

 

未来都(営業エリアが大阪)の場合になりますが、各営業所のエースドライバーたちは年収800万円以上を稼いでおり、まだまだコロナ禍が収まりきっていない中でこの売上成績になりますので、円安や水際対策の緩和でさらに伸びることが期待できそうです。

関連記事:20代の若手タクシードライバーが急増している理由とは - 楽楽転職

年収700万円の売上シミュレーション

年収700万円を稼ぐためにはどれくらいのお客様を乗せなければいけないか、そしてそれが現実的な数値目標になるのか確認してみましょう。

ここでは、日勤(昼日勤・夜日勤)のドライバーが31日間ある月に24日出勤し、かつ残業なしで一日8時間働いたという条件で算出してみます。

 

 

効率良くお客様を獲得できているかの目安として、走行時間の50%以上をお客様を乗せた状態で過ごせているかどうかという基準があります。

乗車料金を一番多い価格帯平均の1,500円くらいで計算すると、乗車時間はだいたい15分程度なので、3組×15分だと45分で実車率75%。5分ほどで次のお客様を見つけなければならない計算になり、少し厳しそうです。

 

残業ありの場合

次に残業を毎日2時間(月44時間)したと仮定して算出してみます。

 

 

残業ありで計算すると、かなり現実的な数値になりました。しかし、今回は顧客単価を日中も含めた最も多い価格帯で計算しているので、顧客単価の上がる夜日勤だともっと余裕を持って営業することができます。

 

実際の営業成績(2022年9月)を見てみると、昼日勤だと売上上位ドライバーがこの年収700万円を超えるラインになります。

一般的なサラリーマンと同じように、日中に健康的に働いて年収700万円なら魅力的な金額ではないでしょうか。確実に安定して目指すなら、顧客単価の高い夜日勤がおすすめです。

 

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!
タクシー運転手ハイヤー運転手役員専属運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

今なら限定特典!5つをLINE登録していただいた方へプレゼント!

【LINE登録限定特典】
①転職成功者から特別にいただいた応募書類を提供
面接上達テクニック動画を配布
履歴書・職務経歴書作成サポート
④未経験転職にオススメする高年収企業の紹介
キャリアロードマップを作成

年収500万円の売上シミュレーション

日勤(月24日出勤)・8時間勤務の場合

国民年収の平均である460万円を超える500万円を目指すには、どのくらいの売り上げが必要になるでしょうか。

 

 

年収500万円で設定すると、まじめにコツコツと積み上げができれば全く無理のない乗車数が出てまいりました。未来都の平均年収が456万円であることを踏まえると、在籍している多くのドライバーがこの年収を稼いでいることがわかります。

業界未経験からの新人ドライバーでも一年目で650万円を稼いでいるので、今からはじめる人でもすぐにチャンスがあります。

 

▼タクシー転職について詳しく知りたい人はこちらもご覧ください

関連記事:タクシードライバーの平均年収と月収・日給・時給のイメージを徹底的に解説 - 楽楽転職

 

関連記事:タクシードライバー転職で年収1,000万円超えは可能?

年収1,000万円の売上シミュレーション

日勤(月24日出勤)・8時間勤務の場合

夢のある年収の目標設定として、年収1,000万円の売り上げも見てみましょう。

 

 

最も割合が多い顧客単価帯(1,000~2,000円)で計算すると、お客様が入れ替わりで乗車する状態で計算が成り立ちます。つまり、昼日勤で残業なしの条件だと、年収1,000万円を稼ぐことは物理的に難しいことがわかります。

 

タクシードライバーの売り上げアップの方法として、料金の発生していない空車時間を減らすことを意識するのが良いと言われます。その上で顧客単価を上げられるように調整していくと、一か八かで長距離客を狙うようなギャンブル性を排除した安定した営業戦略を立てることができます。乗車数×顧客単価の組み合わせがセオリーです。

 

日勤(月24日出勤)・12時間勤務の場合

それでは、年収1,000万円を目指すにはどれくらいの乗車数と顧客単価が必要になるでしょうか。乗車数を最大限上げるためのひとつの方法として、勤務時間を月288時間(一日12時間)まで延長した場合で計算してみます。

 

 

かなり現実的な数字が見えてきました。アプリを中心に、無線やタクシー乗り場、ホテル、タクシーチケットを巧みに使い分け、効率よく乗務できれば実現可能な営業成績です。

 

参考:乗車方法別の顧客単価

顧客単価は1,000~2,000円のお客様が最も割合として多くなりますが、アプリやタクシーチケットなどお客様種別によっても傾向があります。顧客単価2,435円がどの程度の金額なのか、参考にしてください。

 

・配車アプリ(Uber、Go)、無線:2,200円

・タクシーチケット:3,000円

・ホテル:3,800円

・大口予約(企業イベント等):5,200円

 

ちなみにですが、未来都は他社より乗車料金を安く設定しています。

配車アプリではタクシー会社を指名して呼ぶことができるので、未来都を選んでいただくことで乗車数が増え、売り上げの発生していない空車時間を極限まで減らすよう対策しています。

歴史の古い未来都は上場企業や一流ホテルとの契約が多いので、安定した営業成績を築きやすい環境です。

売り上げ上位者に聞いた、おすすめの勉強法

毎月の売り上げ成績はもちろん変動がありますが、実はその顔ぶれはあまり変動がありません。売り上げ上位には常連組が存在します。そんな売り上げ上位組からコッソリ聞いた、普段の営業中に実践している勉強法をお伝えします。

 

1.予測、実践、検証を繰り返す

空車時間などの無駄が省くことが売り上げアップの一番の近道です。時間帯ごとのお客様の動きを予想し、ひとつひとつ実践して答え合わせをしていきます。

走行中や接客中にはメモを取るのが難しいので、ボイスメモに分析結果を残していくドライバーもいました。

 

2.変化に敏感でいられるよう意識

1で積み上げた分析結果も当てにならない時があります。そんな時は必ずと言っていいほど、何か違ったことが起こっているはずです。そうやって常にアンテナを張り巡らせ、臨機応変に対応していくことが、売り上げ上位のドライバーに求められる資質です。

 

3.売り上げを上げることでモチベーションをあげる

あるドライバーは家族の為に、別のドライバーは趣味の為になど、モチベーションにつながる何かを持っています。または、シミュレーションゲームを攻略するように、予測を立ててポイント(売上)を稼いでいくこと自体がモチベーションになっているドライバーもいます。前向きな頑張る理由を意識的に作ることで、仕事のやりがいに繋げていくことが重要です。

タクシードライバーは未経験、新卒や50代からでも稼げる

少し意外かも知れませんが、未来都を含む大手タクシー会社で働くドライバーのほとんど(8割以上)は業界未経験でタクシードライバーになっています。

 

また、新人ドライバーが1年目から業界の平均年収を稼ぐことは珍しいことではありません。実際に、昨年の新人の中でTOP成績だったドライバーは、年収650万円の売り上げを稼ぎました。

さらに、この9月で入社9か月目となる新人ドライバーは、三ヵ月連続で売上90万円超を達成。売り上げの上がる年末を前にしてこの成績ですので、昨年度の記録である年収650万円を超えてくれる期待が高まります。

 

年功序列がないタクシー業界には、年収と年齢はこれといった関係はありません。

年齢よりも、アプリの活用法や情報収集の上手いドライバーが、売り上げ成績も良くなる傾向にあると言えます。

 

▼タクシードライバーと年齢について詳しく知りたい人はこちらの記事もご覧ください。

関連記事:未経験でもドライバーに転職できるの?転職を失敗しないポイントを解説

タクシードライバーはワークライフバランスの取れた仕事

昔から、タクシードライバーは労働時間が長い。そんなイメージがあると言われますが、実はそんなことはありません。

確かに勤務形態が「隔日勤務」で働くドライバーの場合、一度の勤務時間がかなり長時間になりますが、「昼日勤」や「夜日勤」の場合は一般的なサラリーマンと同じ8時間労働です。

 

しかも、一般的なサラリーマンに比べてかなり自由度の高いタクシードライバーは、細かい出勤時間は自由に設定して働いています。強制的な残業やサービス残業も一切ありません。休みの日に仕事のことで頭がいっぱいになることもなければ、好きな時に休みが取れる、ワークライフバランスの取れた仕事です。

タクシードライバーをはじめるなら

タクシー業界について詳しい内容を知りたい人はぜひお気軽にお問合せください。

お話だけでも大歓迎!お問合せ、お申込み、お待ちしております!

楽楽転職では優良なドライバー職の限定求人を提案いたします!
タクシー運転手ハイヤー運転手役員専属運転手求人など新着・レア求人を限定でご紹介いたします。ニートフリーター未経験の方も多数、転職成功実績がございます。

20代の転職に特化したアドバイザーが希望の条件や待遇をヒアリング、面接〜入職まで完全サポート。

簡単1分!無料キャリア相談を受ける

 

今なら限定特典!5つをLINE登録していただいた方へプレゼント!

【LINE登録限定特典】
①転職成功者から特別にいただいた応募書類を提供
面接上達テクニック動画を配布
履歴書・職務経歴書作成サポート
④未経験転職にオススメする高年収企業の紹介
キャリアロードマップを作成

\ LINE登録者限定!3大特典プレゼント!!/ 無料の転職相談を予約する。